注ぎすぎ防止機能付きマグカップ登場!  ドリンクが一定の量を超えると「音が鳴る」&「タッチで知らせてくれる」

ロケットニュース24 / 2014年7月12日 6時0分

注ぎすぎ防止機能付きマグカップ登場!  ドリンクが一定の量を超えると「音が鳴る」&「タッチで知らせてくれる」

ドリンクをコップやマグカップに注ぐ際、溢れさせてしまった。こういった経験、誰しも1度はあるのではないかと思います。特に視覚障害のある方にとってはこの点、なかなか難しい問題なのではないでしょうか。

でもね、本日ご紹介するアイテム『Xylophone Cup(キシロフォンカップ)』、そして『Buoy Cup(ブオイカップ)』があればもう大丈夫! 

海外サイト『Yanko Design』が報じるところによると、これらはドリンクが一定量注がれると、「音」そして「感触」で、教えてくれるマグカップだというのですっ。

音が鳴るマグカップ『Xylophone Cup』、その秘密が隠されているのは、マグカップの持ち手。空の状態のときはカップがやや傾いており、ドリンクを入れるごと、その重みで平行に。ある程度カップの中が満たされたとき、持ち手の下部がカップ本体にカチッとあたるので、その音および感触で、「いっぱいになった」ことがわかる、という仕組みみたい。

一方タッチで知らせてくれるマグカップ『Buoy Cup』に関しても、仕組みはほぼ同じ。中へ向かって傾いたように設置されたレバーがドリンクの重みで平行に、規定量に達した瞬間、レバーが持ち手に置かれた手をタッチ、いっぱいになったことをお知らせしてくれる、というわけなの。

至って単純、でもそれだけに、盲点だったともいえるこのアイデア。デザインした方は『Xylophone Cup』がSoon-sik Choiさん、『Buoy Cup』がJongil Kimさんとそれぞれ異なるようですが、行きつく先は皆同じ、ということなのでしょうか。

現段階では双方プロトタイプだという、両商品。商品化されるのか否か、今後の展開に要注目ですね。

寄稿:Pouch
参照元:Yanko Design(Xylophone Cup)Yanko Design(Buoy Cup) (英文)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング