【韓国】旭日旗があるからダメ!! 漫画『ワンピース』展の中止に韓国ファンが悲鳴「楽しみにしてたのに!」「韓国はノイローゼか?」

ロケットニュース24 / 2014年7月12日 15時0分

【韓国】旭日旗があるからダメ!! 漫画『ワンピース』展の中止に韓国ファンが悲鳴「楽しみにしてたのに!」「韓国はノイローゼか?」

韓国で2014年7月12日から予定されていた日本の人気漫画『ワンピース』の特別企画展「メモリアルログ:頂上決戦完結版」が、急きょ中止になった。理由は、原作の中に「旭日旗」が描かれているからだという。韓国で旭日旗は “戦犯旗” と呼ばれているだけに、「そんなものが登場するような漫画を韓国で展示するなんて許せない!!」と反発を食らったようだ。

だが、同作品のテレビアニメ版は、韓国のKBS放送でも放映されており、日本のアニメ作品として知名度は高く、熱狂的なファンもいる。今回の突然の中止を受けて、インターネット上には、展示を楽しみにしていたファンたちの悲しみの声も多く寄せられている。

・「旭日旗」は戦犯旗だ!?
同展の開催中止を決定したのは、展示会場となるはずだったソウルの戦争記念館。10日に公式ホームページを通じ

「作品の何カ所かに旭日旗が登場する『ワンピース』を戦争記念館で開くのは問題があるとの民願が多数寄せられた」
「日帝強占期(日本統治時代)の抗戦の歴史を教訓として伝える記念館で、展示を強硬することは、論争を招く可能性があるため、貸館を取り消した」

と説明した。

戦争記念館は今年3月、展示を企画した企業に展示会場の貸し出しを許可。しかしその直後から、ネット上には「『ワンピース』の戦争記念館での展示に反対する」との意見が相次いで書き込まれていた。

・ネット上は賛否両論のコメントが集まる
だが、開催にあたって企画会社側は検討を重ね、展示物の制作など開催に向けて約20億ウォン(約2億円)を投資したという。

会場側による突然の開催中止の決定に、ネット上は喜ぶ人と、悲しむ人の賛否両論のコメントが書き込まれている。

<中止賛成>
「戦争記念館でやるような展示じゃない」
「中止になって幸いだ」
「公共施設が良心を守った。戦争記念館で日本の漫画を展示すること自体が間違っている」
「もっと早く気付くべきだった。旭日旗は日帝強占期の象徴だ」

<中止反対>
「行く予定だったのに……」
「旭日旗って……『ワンピース』は右翼漫画じゃないよ」
「原作には旭日旗が描かれているかもしれないけど、展示物にはないそうじゃないか」
「中止は公式発表なの?」
「笑えるわ。それじゃ作品全てを禁止すべきじゃない? ネットでも閲覧禁止にするとか」
「こういう騒動を見ると、韓国の文化意識って低いと思う。日本に対しては特に」
「もう戦犯旗批判はうんざり。なんかノイローゼみたい」
「めちゃくちゃ悲しい。展示で100万ウォンは使おうと思って準備していたのに、私の一大イベントが消えてしまった……」

中には「旭日旗は言い訳で、最近の日本の動きが影響しているのでは」という日韓関係の悪化を指摘する意見もあった。企画会社の代表も、「旭日旗があるからと作品の内容も検討せずに一方的に中止にするのはおかしい」「ファンに申し訳ない」と困惑している。とにかく、突然の開催中止は、多くの韓国ファンを泣かせる結果となったようだ。

参照:nocutnews東亜日報(韓国語)、YouTube [1][2]
執筆:レイチェル

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング