「美女とイケメンには健康な人が多い」との調査結果

ロケットニュース24 / 2014年7月17日 8時0分

「美女とイケメンには健康な人が多い」との調査結果

“天は二物を与えず” とのことわざに反して、たまに完璧な容姿なのに性格が良い人もいるが、それだけではないようである。というのも「美人とイケメンは容姿が良いだけでなく健康な人が多い」ことが、ある調査で明らかになったのだ。

・容姿と健康の関連性について調査を実施
米シンシナティ大学を始めとする研究者が行った今回の調査は、24~35歳の米国人男女1万5000人が対象となっており、継続的な健康調査で集めたデータを元に容姿と健康の関連性が導き出されたものだ。

調査結果を報じた英メディア Mail Online によると、健康データは被験者とのインタビューにより、彼らの容姿が「1:かなり魅力に欠ける 2:魅力的ではない 3:平均 4:魅力的 5:美男美女」の5段階のカテゴリーに分類されていた。また被験者が抱えている症状や疾患など、様々な健康関連のアンケートや診断結果も含まれている。

・容姿が魅力的なほど疾患の診断割合が減少
そして同データを分析した結果、容姿が魅力的なほど、各種疾患に診断されている被験者が減少していることが明らかになった。容姿のカテゴリーが上がると、どれほど疾患にかかる割合が減少するか男女別にまとめたものが以下である。

【男性】
注意欠陥・多動性障害(ADHD) 23パーセント
吃音(どもり症) 21パーセント
高血圧 20パーセント
欝(うつ) 15パーセント
高コレステロール 13パーセント

【女性】
糖尿病 22パーセント
高血圧 21パーセント
吃音(どもり症) 21パーセント
注意欠陥・多動性障害(ADHD) 18パーセント
欝(うつ) 17パーセント
耳鳴り 13パーセント
ぜん息 12パーセント

美男美女の健康状態が、どれほど良好であるかが分かるだろう。さらに美男美女は自分の健康管理に前向きで、仕事を病欠する人が少ないとも言われている。

・容姿が健康状態を知る目印になる可能性が
この結果をうけて、研究者は「容姿などの見た目が、健康状態を知る目印になる可能性を秘めており、議論が続いている」と見解を述べている。

Mail Onlineでは、「健康的だから魅力的に見えるのでは?」「マリリン・モンローは子宮内膜症で欝だったけど!?」「だから私はこんなに健康なのね!」といったコメントが寄せられており、波紋が広がっている。

参照元:Evolution&Human BehaviorMail Online(英語)
執筆:Nekolas
イラスト: マミヤ狂四郎

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング