【衝撃野球動画】この男は本当に底知れない! 日本ハム・大谷翔平投手が日本人最速の「162キロ」を記録!!

ロケットニュース24 / 2014年7月19日 23時0分

【衝撃野球動画】この男は本当に底知れない! 日本ハム・大谷翔平投手が日本人最速の「162キロ」を記録!!

2014年7月19日、日本球史に新たな歴史が刻まれた。甲子園で行われた「マツダオールスターゲーム」の第2戦で日本ハム・大谷翔平 “投手” が自己記録の160キロを1キロ更新したかと思うと、続く投球でなんと日本最速の162キロを記録したのだ。

同級生の阪神・藤浪晋太郎投手との投げ合いが甲子園で再び実現するだけでも贅沢な一戦だったが、大谷投手の底知れない能力が完全に話題をさらってしまった。もはや言葉は不要。今回は何度見てもスゴいその投球を動画と共にご紹介するぞ!!

・大谷選手とは
野球に詳しくない人でも「大谷翔平」という名前を一度は聞いたことがあるだろう。通常、野球選手は打者と投手に分かれるものだが、彼はどちらの才能もありすぎるため、「二刀流」でプロ生活を送っている。

当初はどちらかに専念すべきという声もあり、賛否両論であった。しかし、2年目の今季は投手としてここまで9勝1敗、打者として打率・282、5本塁打、20打点とどちらでも結果を残しているため、彼の能力の限界を見てみたいという声に変わっている。

・162キロを計測した大谷投手
そんな大谷投手の「オールスター」での投球だが、パ・リーグの先発で1回裏に登場。そして先頭打者の阪神・鳥谷選手に投じた一球目である……。外角低めへのストレートは161キロを記録。2014年6月に記録した160キロの自己記録を早速更新してみせた。

さらに圧巻だったのは2球目。ど真ん中への直球はなんと162キロを計測。これには鳥谷選手も感じた事のない速さに驚きを隠せていないぞ! つい先日20歳になったばかりの選手がオールスターの主役となっている姿がそこにはあった。

・大谷投手が162キロをマークしたことに対するネットユーザーの反応
「まじかバケモンすぎるわ」
「ひえっ…すっご、162キロ…!!」
「大谷くん162キロとか速すぎだろ笑」
「大谷162キロってマジか! 鳥肌ものやわ」
「田中越え期待、まだプロ2年目だし将来は164kmも夢じゃない」
「化け物だと思う。もうメジャーリーグのスカウトが目をつけてるだろうな」
「日本最速の球も投げれてバッティングも良くてまだ20歳… どう表現すればいいのかわからないぐらい…」

……といったように彼の投球に度肝を抜かれたというコメントが多数。わずか23球の投球であったが、そのうち12球は160キロ超え。驚くことにそのほとんどが正確にコントロールされている点も見逃せなかったぞ。

もう一度言うが、彼は20歳の2年目ルーキー。ましてや打者と投手を「二刀流」でこなしているのである。「平成の怪物」と呼ばれているのは松坂大輔投手だが、もはや “大谷翔平” という男は「怪物」の域を超えてしまったかもしれない。後半戦も彼から目が離せないと改めて思わせてくれる投球であった。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング