【浅草グルメ】セピア感あふれる「喫茶店のナポリタン」を食べたらマスターの悟りすら感じる味だった 観音裏 『ロッジ赤石』

ロケットニュース24 / 2014年7月26日 12時0分

【浅草グルメ】セピア感あふれる「喫茶店のナポリタン」を食べたらマスターの悟りすら感じる味だった 観音裏 『ロッジ赤石』

ナポリタン……。そう耳にしただけで、いてもたってもいられなくなる魔性のメニュー。口にするまで、そのささやきは収まらず、心の隅に居座る憎いやつ、それがナポリタンだ。

家で作っても、洋食店やレストランで食べてもおいしいが、喫茶店で食べるナポリタンもまた格別。そんな「喫茶店ナポリタン」の王道ともいうべき、東京は浅草の『ロッジ赤石』をご紹介したい。

・観音裏エリアにある、セピア感あふれる喫茶店
ロッジ赤石は、浅草寺方面から言問(こととい)通りを渡ったところにある。エリア的には「観音裏」と呼ばれる地域だ。ひさご通り商店街を抜けて、右斜め方面を目指すといいだろう。白いレンガと、大きなガラス張りの建物が見えてくるはずだ。

店の中に入ると、「これぞ喫茶店!」とヒシヒシと感じる。奥の壁にはたくさんの柱時計が並び、麻雀ゲームがそのままテーブルになったりしている。いまどきオール喫煙OKだなんて……。昭和セピア感が、店全体からあふれ出しているのである。

・ランチタイムはドリンク付きで750円
平日の昼過ぎだったが、地元の人とおぼしきお客さんを中心に、8割ほどの席が埋まっていた。こちらのお店は「カツ重」も有名なので迷ったが、ナポリタンを注文した。ランチタイムは、アイスコーヒーまでついて750円と良心的な価格設定だ。

待つこと10分弱でナポリタンが登場だ。具はピーマン・たまねぎ・ハムと超シンプル……。これがいいんです! しかも!! サイドメニューはサラダが一般的だが、この日は「里芋の煮物」がついてきた……。これもいいんです! この浅草らしさ、昭和らしさがいいんです!!

・OCです! こだわりはケチャップだった
さっそく食べてみると、はい、OCです! これこれ! 間違いないです! 酸味が強めのケチャップと、フライパンでよく炒められた香ばしさがマッチした鉄板の味。シンプルながら奥深く、飽きがこない味。さすがお店を構えて40年以上愛され続ける、ロッジ赤石さんである!

マスターにこだわりを聞いてみると、「ケチャップかなぁ」とのことだった。一般的にはあまり馴染みのない、“ナガノケチャップ” を使用していて、独特の酸味と旨味が特徴であるという。「あとは特にないね」と謙遜するマスターから、逆に悟りすら感じてしまったのだ。

・朝5時まで営業
ロッジ赤石は、9時から翌5時まで営業している。夕方5時ではなく、朝の5時までである! モーニングやランチでもいいが、飲んだ帰りにも使えるぞ。ナポリタンのささやきが聞こえたら、喫茶店ナポリタンの『ロッジ赤石』を思い出してほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 ロッジ赤石
住所 東京都台東区浅草3-8-4
時間 09:00~翌05:00
休日 月曜日

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング