【動画あり】映像に残っていたのは人間の頭部? 処刑された大司教の頭部が保管されている教会で撮影された動画が波紋

ロケットニュース24 / 2014年7月26日 18時0分

【動画あり】映像に残っていたのは人間の頭部? 処刑された大司教の頭部が保管されている教会で撮影された動画が波紋

夏の風物詩、怪談。この時期になると、テレビでは幽霊や霊体験などにまつわる特集がよく組まれる。中でもよくあるのが、幽霊など、存在しないはずのものが映っていると言われる動画だ。

そんな映像の中で、現在海外で話題を集めているものがあるので紹介したい。YouTube の動画「Ghost of Saint Oliver Plunkett, Drogheda Church in Ireland」で、チェックできるのだが……見ると一瞬ゾッとするものが映っているため、心霊系の動画が苦手な人は閲覧注意である。

・処刑された大司教の頭部が保管されている教会
動画が撮影された場所は、アイルランドの東部の都市、ドロヘダにあるセントピーターローマカトリック教会。この教会には、イギリスに反抗して17世紀に絞首刑に処されたオリバー・プランケット大司教の頭部が保管されているのだ。

そして、以前から幽霊を目撃したという証言が多く報告されていたらしい。

・旅行者が教会の内部を携帯のカメラで撮影
その教会に1人の旅行者が訪れ、携帯電話のカメラで中の様子を撮影したという。撮影している時には、怪しい様子に気づかなかったようなのだが、自宅に帰って映像を確認してみると……そこには人間の頭部らしきものが映っていたとのこと。

・大司教の頭部か? それとも反射か?
なお、この動画を見た人は、Twitterや動画サイトのコメント欄などネット上に「まさに処刑され大司教の頭部だ」という意見や「撮影者の近くにいた人の顔が反射したからだ」という意見などを書き込んでいる。

はてして映像に映り込んだものは何なのか? 真相は闇の中である。

参照元:YouTubeMirror News(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング