本場の讃岐うどんに全くひけをとらない「うどん店」を東京で発見! コシがありすぎて箸で持ち上げた時にズッシリくるぞ!!

ロケットニュース24 / 2014年8月5日 12時0分

本場の讃岐うどんに全くひけをとらない「うどん店」を東京で発見! コシがありすぎて箸で持ち上げた時にズッシリくるぞ!!

うどんの本場と言えば香川県だ。「うどん県」とPRしているだけあって、確かに香川県内には美味しいうどん店が多い。

だがしかし! 東京にも本場の讃岐うどんにひけを取らないうどん店があった。今回はそのうどん店を紹介したい。どんなうどんなのかと言うと、とにかくコシが強いのだ。

そのうどん屋さんとは、東京・武蔵野市にある「讃岐うどん とよくに」。JR三鷹駅から、歩いてすぐのところにある。記者が訪れた時には、店内には多くの人が……この時点で人気店であることをうかがわせた。

・茹であがるのに15分
メニューは、かけうどん(450円)やきつねうどん(530円)、カレーうどん(750円)、天ぷらうどん(1000円)などの定番はもちろん、この季節にぴったりの冷たいうどんや季節限定のうどんのほか、かやくごはんなどのご飯もの、鶏の唐揚げなどのサイドメニューも用意されている。

その中から、今回は「天ぷらうどん」をチョイス。と、ここで壁に掛けられていた注意書きを発見。そこには「茹で上がるのに15分かかります」と書かれているではないか。どうやら、1つ1つに時間と手間をかけているお店のようだ。

・ハンパないコシ
「これは期待できそう!」と思いながら待つこと15分強、やっと待望のうどんが運ばれてきたぞ。見た目は、普通の天ぷらうどん……と思いきや、よく見ると一般的なうどんよりも若干太い! 見た目からしてコシがありそうだ。

・箸で持ち上げただけで重量感が伝わる
箸でうどんを持ち上げると、ズッシリ来る。そして口の中に入れると……やはりすごい弾力! ハンパないコシだ。モチモチを通り越して、ムチムチとでも言えばいいだろうか。

そして天ぷらは、エビ、カボチャ、ナス、キス、インゲンと種類豊富で、どれもサクサク。とにかく、MOC だ!

・他のうどんも食べてみたい
1本1本が重たいうどんであったが、あまりにも MOC かったため、あっという間に食べてしまった。これは他のうどんも食べてみたい! そう思わせるクオリティであった。

ちなみに、記者が訪れた日は猛暑日。外は限りなく暑かったが、味がMOCだったため、熱いうどんでも十分においしく感じられた。もちろん先述の通り「讃岐うどん とよくに」には、冷たいうどんも用意されているので、好みに合わせて選んでほしい。

ちなみに MOC とは、言うまでもなくメチャクチャOCのことである。覚えておこう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 讃岐うどん とよくに
住所 東京都武蔵野市市中1-25-10
時間 11:30~15:00 / 17:30~22:00(LO)
休日 水曜・日曜日

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング