見ているだけでヒヤヒヤもの! ケージなしで海に潜ってサメを撮るカメラマンがデンジャラスすぎる!!

ロケットニュース24 / 2014年8月5日 8時0分

見ているだけでヒヤヒヤもの! ケージなしで海に潜ってサメを撮るカメラマンがデンジャラスすぎる!!

世の中には、様々なタイプのカメラマンが存在する。ロケットニュース24で以前にお伝えしたように、「思わず “このカメラマンすげえ!” と尊敬してしまうようなカメラマン」もいれば、「メチャ高いビルの屋上から撮影するカメラマン」もいる。

今回はそんなカメラマンの中から、とびっきり命知らずなカメラマンを紹介しよう。そのカメラマンが命知らずな理由……それは彼が実際に撮った写真及び撮影中のショットを見れば分かるだろう。なんと彼は、ケージなしで海に入り、サメの写真を撮っているのだ! 恐ろし過ぎる!!

・『ジョーズ』に出てくるサメも撮影
そのカメラマンとは、カナダ在住のアンディー・マーチさん。47歳の男性だ。彼は作品の一部を自身のFacebook でも公開している。それらの中で何よりも目を引くのが、サメの写真の数々だ。

彼が撮影したサメは、ホオジロザメやシュモクザメ、ジンベエザメなど幅広いが、どの写真にも共通していることは、とにかくデンジャラス過ぎるということだ。ちなみに、ホオジロザメとは映画『ジョーズ』に出てくるサメである。

・ケージなしで撮影
多くの人は、たとえケージがあったとしてもサメがいる海になんて絶対に入りたくないだろう。だが、彼は先述の通りケージなしで海に入り撮影をしている。

それだけではない。彼はサメが口を開けているカットを撮るために、エサの魚を海にまいているのだ。エサに釣られてサメが口を開けて寄ってきたところで、近くに寄って撮影しているという。事情を知れば知るほど恐ろしいのひと言である!!

・今まで危害を加えられた経験はなし
そんなマーチさんだが、今までサメに危害を加えられたことはないのだとか。「僕は数えきれないほどのサメと一緒に泳いできたけれど、一般的にサメはダイーバーに敵意を示さないよ」と彼は述べている。とにかく、今後もマーチさんがサメに襲われないことを祈るばかりだ。

参照元:FacebookMail Online(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング