岩のりで麺もスープもほとんど見えない! 新潟発祥燕三条系ラーメンを堪能できる「らーめん潤」 東京・亀戸

ロケットニュース24 / 2014年8月6日 12時0分

岩のりで麺もスープもほとんど見えない! 新潟発祥燕三条系ラーメンを堪能できる「らーめん潤」 東京・亀戸

新潟県が発祥の「燕三条系ラーメン」をご存じだろうか? 背脂たっぷり、濃いめのしょうゆベースのスープ。それに極太の麺を使用した、ガッツリ系の新潟ご当地ラーメンである。実は東京都内で新潟名店の味を楽しむことができる。

新潟で長い歴史を持つ「らーめん潤」は蒲田と亀戸に店舗がある。はたして燕三条系ラーメンの名店の味は一体どんなものなのだろうか? 亀戸の店舗に足を運ぶと、一番人気というメニューに衝撃を受けた。岩のりで麺もほとんどスープも見えない!

・黄色い看板
亀戸のお店は亀戸駅から、約7分歩いたところにある。明治通りを駅からまっすぐ南に向かって歩いて行くと、五之橋通りの交差点を越えて少し行ったところで、黄色い看板を発見できるはずだ。

・工場労働者向けに進化
そもそも燕三条系ラーメンは、燕市・三条市を中心食べられているラーメンであり、この地域は工業地帯であるために、工場労働者向けに塩分が強いスープに仕上がっているとのことである。そして、たっぷりの背脂でスープが冷めにくく、伸びにくいように極太麺を使用するのだとか。そういうことを知らなかった記者(私)は、脂の量を聞かれたときに「普通」と答えてしまった。ここは鬼脂(たっぷりの背脂を意味する)にするのが、流儀だったかもしれない。

・一番人気
ちなみにオーダーしたのは、お店で一番人気という「岩のりらーめん」。券売機の写真のインパクトに驚いて思わず注文した。というのも、岩のりが山盛りで麺もスープも見えない。これは実物を見てみたいということで、背脂普通でオーダーした次第である。

・鬼脂なら……
実際にラーメンが手元に届くまで、少し時間がかかった。極太麺であるために、茹で上がりに時間がかかると、カウンターに書かれている。もしも急いでいる場合は、注意しておきたい。そしてようやく岩のりどっさりのラーメン登場! マジでどっさりだ!! 麺見えない。辛うじてチャーシューがチラリと見えている程度で、ほとんど丼を覆っている。これでもし鬼脂でオーダーしていたら、スープの表面はすべて覆い尽くされていただろう。

・心配は無用だった
背脂を多めにしなかったのには、もうひとつ理由があり、その昔に背脂を大量にのせることを知らずに入ったお店で、気分が悪くなったことがあった。それを思い出して若干警戒したのだが……。一口食べてその心配が無用であったとわかった。

・岩のりとスープが合う
濃いめのしょうゆベースのスープは、脂のくどさを感じさせない。なめらかで深いコクがある。これなら脂を多めにすれば良かったと、すぐに後悔した。そしてこの濃いしょうゆの味を吸った極太麺がモチモチとしていて、食べ応え抜群。燕三条系は長ねぎではなく玉ねぎを使っている。玉ねぎのザクザクとした歯ごたえが、極太麺の合間から顔を出して、食感にバラエティを与えている。

そして何より興味深いのが、これだけ個性の塊のような器のなかで、岩のりがそれらを風味でつないでいるのである。個性豊かな食材たちのなかにあって、埋もれることなく、一仕事しているのは非常に興味深かった。のりの風味と旨みで、全体のバランスをとっているようにさえ感じられたのだ。燕三条系ラーメンを未体験という方は一度試してみてはいかがだろうか。

・今回紹介した店舗の情報
店名:らーめん潤 亀戸店
住所:東京都江東区亀戸6-2-1
営業時間:11:00~翌1:00(水曜日のみ15:00~18:00まで休憩)
定休日:なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング