米セレブの間で「アイスバケツチャレンジ」が大流行! あのビル・ゲイツが氷水をかぶりまくった動画が YouTube で再生回数600万超!!

ロケットニュース24 / 2014年8月20日 13時0分

米セレブの間で「アイスバケツチャレンジ」が大流行! あのビル・ゲイツが氷水をかぶりまくった動画が YouTube で再生回数600万超!!

現在、米ハリウッドを中心にセレブの間で、「The Ice Bucket Challenge」というリレー式の氷水をかぶるチャレンジが大流行中なのだ! 寄付金集めのチャリティーという大義名分の元で行われているものの、各界の超大物がバケツいっぱいの氷水をザブ~ン! とかぶるシーンはなかなか見応えがある。

特にマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏の動画は見応えたっぷりで、こちらは動画「Bill Gates ALS Ice Bucket Challenge」で確認できるぞ!

・指名されたら24時間以内に実行
「The Ice Bucket Challenge」は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を支援するチャリティーの一環として行われている。指名された人は24時間以内にバケツに入った氷水をかぶるか、米ALS協会へ100ドル(約1万円)を寄付するか、またはその両方を行うリレー式のチャレンジである。氷水を浴びた人は次のチャレンジャーを3人指名し、指名された人は挑戦を受けるという仕組みだ。

・あっという間にハリウッドまで広がったチャレンジ
元々、ALS を患うボストンの野球選手ピート・フレイツさんが Facebook で始めた寄付活動なのだが、そこからあっという間に火がつき、チャレンジはハリウッドまで広がってしまった。

・大物セレブが氷水をかぶりまくり!!
現在のところ、アイスバケツチャレンジを受けて立ったのは人気歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイクにジェニファー・ロペス、テイラー・スウィフトといった日本でもお馴じみの大物セレブたち。

指名制という点は、『笑っていいとも』のテレフォンショッキングの “友達の輪” を連想させなくもないが、歌手や俳優だけでなく、大物実業家も名を連ねて大きな話題を呼んでいるのだ。

・マーク・ザッカーバーグがビル・ゲイツを指名!
なかでも Facebook の最高経営責任者マーク・ザッカーバーグ氏が、マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏を指名した後、氷水をザバ~! とかぶったビデオは必見に値する。

・氷水をかける装置を設計しちゃったゲイツ氏
そしてザッカーバーグ氏の指名を受けたゲイツ氏は、「ただバケツの水をかぶるだけでは物足りない!」と言わんばかりに、ロープを引っ張ると頭上のバケツがひっくり返る装置を設計。さらに氷水まみれになる自分を収めた動画を、彼の YouTube 公式チャンネルに投稿したのである。

ちなみに現地時間8月15日にアップされたこの動画は、たった3日間で再生回数が600万回を超えている。

・14億円近くの寄付金を達成!!
もちろんチャレンジを受けたセレブたちは、氷水を浴びるだけでなくちゃんとお金を寄付。7月29日からたった3週間で、米ALS協会は1330万ドル(約13億6000千万円)もの寄付金を集めたそうだ。

次々と新たな大物セレブが指名されており、このチャレンジは世界中に広まりそうだ。誰が誰を指名するかという点も注目されているようで、大物達の秘かなる交友関係も垣間見れそうだ。

参照元:YouTubeE!OnlineThe New York Times(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング