【デカすぎ】体重17キロの「超巨体ネコ」が始めたダイエットに猫ファンたちが熱視線! 近況を伝える専用Facebookページまで開設される

ロケットニュース24 / 2014年9月5日 9時0分

【デカすぎ】体重17キロの「超巨体ネコ」が始めたダイエットに猫ファンたちが熱視線! 近況を伝える専用Facebookページまで開設される

スリムで身軽というイメージがあるネコ。大人のネコの平均体重は、性別や骨格によって大きく異なってくるようだが、一般的に3〜5キロだという。しかし今回紹介するネコは、そんな範囲を大きく超えた、スーパーヘビー級の体重を誇っている。

ネコの名前はリトル・デュード。英語で “小さいヤツ” という意味を持つ、体重17キロのデカ猫だ。現在5歳で性別はオス。前の飼い主が金銭的な理由から手放さなければならず、米カリフォルニア州にある動物保護団体「Westminster Adoption Group and Services(以下、WAGS)」に持ち込まれたのだ。

・すぐにでも減量が必要な状態!
WAGSにやってきたデュードくんの体重は、先述のとおり約17キロ。歩くことにすら困難で、すぐにでも減量が必要な状態である。

そこでWAGSは、「週に1回、体重測定と健康診断のために団体を訪れてくれる場合、引き取り費用は無料」との条件をつけてデュードくんの里親さん、もしくは一時預かりさんの募集を開始したところ、アンジェラ・ジャクソン=ブルーニングさん一家に、一時的に引き取られることになったのだ。

・デュードくんFacebookページでダイエット状況が分かる!
そんなデュードくんがアンジェラさんに引き取られる際の写真が海外サイト Reddit に投稿されたところ、そのコロコロとした姿が多くの人の心をわしづかみ! 現在は、ウォーキング・エクササイズなどを頑張っているというが……ファンたちは「その後のダイエットはどうなっているのか」にも興味津々!

ということで、WAGSはデュードくんFacebookページを開設し、近況報告を伝え始めた。そしてさらに、“生涯愛してくれる里親さん” を、引き続き探していくことにしたのである。

・世界一重たいネコは?
ちなみに「世界一重たいネコ」として、オーストラリアに住む体重21.3キロのネコが報告されているが、肥満は健康にもよくなく、決して誇れるものではない。

確かに「か、かわいい……!」と思ってしまうかもしれないが、人間の手で太らせたのだから、責任をもって減量をさせなければならないはずだ。健康のためにもデュードくんには、ぜひともダイエットを成功していただきたい!

参照元:LIFE WITH CATSMost Extreme.org (英語)nekopedia(日本語)
執筆:小千谷サチ

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング