大きさに驚愕! iPhone6 Plusのモックアップと5sを比べてみた / 片手で画面操作はムリかもしれない

ロケットニュース24 / 2014年9月10日 15時0分

大きさに驚愕! iPhone6 Plusのモックアップと5sを比べてみた / 片手で画面操作はムリかもしれない

ついにアップルが次期スマホの発表を行った。当初噂された通り、2モデルが用意されており、ディスプレイサイズ4.7インチは「iPhone6」、5.5インチは「iPhone6 Plus」という名称に決まった。2014年9月19日に2モデル同日発売されることになっており、どちらを購入するか迷っている人も多いはずである。

とくに気になるのが、5.5インチモデル。かなり大きくなるため、操作性に不安が残るところである。そこで、5月の段階でネット上で配布されていた3Dデータを元に、3Dプリンターでモックアップ(模型)を制作していたので、参考のために現行の5sとの比較をお伝えしたいと思う。

・3Dプリンターでモックを制作
5月に3Dプリンターでモックアップの制作を依頼したのは、3Dデータを共有するサイト「DELMO」である。同サイトに特別にお願いして、海外で配布されていた3Dデータを元に、プリントアウトしてもらった。その時、公開されていた3Dデータの概要は以下の通りである。

・2014年5月に配布されていたモックアップの仕様
高さ: 157mm
: 78mm
厚さ: 6.71mm

・発表された実際のiPhone6 Plusの仕様
高さ:158.1mm
:77.8mm
厚さ:7.1mm

数ミリ単位の誤差はあるものの、モックアップと実際の仕様はおおむね同じと考えて良いだろう。5Sと比較すると一回り大きい。5sは片手で操作しようとすると、ギリギリ画面の隅々にまで指が届くサイズだ。しかし、iPhone6 Plusは片手で操作することができない。到底片手では扱うことができないのである。

・片手で操作できない
画面はかなり見やすくなるものの、ポケットに収まり切らないのも気になるところだ。お尻のポケットに入れていたら、折れる可能性もあるかもしれない。そこで発表された腕時計型端末の「Apple Watch」が活躍することになるのだろうが、発売は2015年前半ですぐに手にすることができない。これ以上端末を増やしたくない人にとっては、購入を検討するまでもないだろう。

・iPhone6を買う方が賢明か?
そうすると、4.7インチのiPhone6を購入する方が賢明ということになるのかも。いずれにしても、9月12日から予約開始となる。それまであまり時間はないのだが、十分に考えた方が良さそうだ。

制作協力:DELMO
モデル:和才雄一郎
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング