【本気で閲覧注意】世界一危険な道と言われる断崖絶壁で命綱を外して歩く男

ロケットニュース24 / 2014年9月26日 10時0分

【本気で閲覧注意】世界一危険な道と言われる断崖絶壁で命綱を外して歩く男

仮に高所恐怖症であれば、これからご紹介する動画は見ない方がいいだろう。なぜなら命知らずの男性が、とんでもない場所から撮影した恐ろしい世界がそこに広がっているからである!

YouTube にアップされたタイトルは「Mount Huashan Plank Walk | Walking the Plank」。閲覧しようとしている人は、一歩踏み外すと即死の光景がそこにあることを頭に入れておこう。

・中国の山
舞台は道教の聖地であり、仙人が住んでいたとも言われている中国の華山。世界遺産に登録されている五岳のうちでももっとも険しい山だ。そして動画はここに観光で訪れたひとりの外国人男性が撮影したものである。

・下が見えない断崖絶壁
早速、動画を再生してみると初っ端から気絶してしまいそうな光景がそこにある。彼がいるのは雲の上なだけではなく、わずか板一枚の上……その名も『長空桟道』。足場は数十センチしかないという断崖絶壁だ。

思わずビビってしまう光景だが、彼は命綱をつけたまま体を反らし「ハァッー!!」と叫んで実に楽しそうにする。酸素が足りなくておかしくなったのではないか……と思ったりもするが……。

・命綱を外す男性
どうやら彼は「三度の飯より高所が好き」なようで、動画を進めると続いては「それじゃ取りま〜す」的なノリで命綱を外してしまう。とても正気の沙汰とは思えない……! 命知らずもここまでくれば逆にスゴいぞ。

・真似厳禁
ちなみに動画は命綱をつけ直す前に終了するが、配信されているということは彼が無事に地上へ帰ってきたということ。しかし、このスポットは転落死する人がいることで有名な場所でもある。仮に行く機会があれば、彼のような真似はしないようにしよう。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング