「ユニコーンに会いたい白血病の少女」の夢を叶えたボランティア団体のストーリーが感動的! 子供時代の純真さを忘れたくないあなたへ

ロケットニュース24 / 2014年10月1日 15時0分

子供のころ、サンタクロースと会いたくて、一度は夜更かしをがんばった経験があるのではないだろうか? この世に存在しないものを信じて遭遇することを願う気持ちは、子供ならではの純真さだろう。その中でも、特に難病と闘う子供たちの願いを叶えたいと設立されたのが、ボランディア団体「Make-a-Wish(願いを叶える)」だ。

そんな彼らが、ユニコーンに会いたいと夢見る闘病中の少女のために打ったお芝居が、美しく感動的だと話題となっているので紹介したい。大人になったら失ってしまう、かつて持っていた純真さに心を馳せながら読んで頂けたらと思う。

・プリンセスになってユニコーンに会いたい!
ユニコーンに会いたいと願う闘病中の少女は、米ジョージア州出身で6才のアディソン・ブロックちゃんだ。彼女は2年前、急性骨髄性白血病と診断され、以来闘病生活を続けている。

そんなアディソンちゃんの夢は、彼女がユニコーンが住むと信じているハワイで、プリンセスになっておとぎの国の世界を経験すること! きれいなドレスを着て “プリンセス体験” することは、女の子なら誰でも夢見ることだろう。

・おとぎ話を実現に!
Make-a-Wish が、彼女の夢を実現させるために書いたお芝居は、ハワイの熱帯雨林に君臨する女王が、森の妖精たちに捕らわれてしまうところから始まる。そして女王を救うためにアディソンちゃんは、森で最も美しい花と一番甘い果物、そして姿を消したユニコーンを見つけ出さなければならないというストーリーだ。

おとぎ話のために現地のボランティア俳優がそれぞれの役に扮し、白いドレスに身を包んでプリンセスに変身したアディソンちゃんは、何ともいえない愛らしさを振りまいている。

・ついにユニコーンと対面!!
そして森の中を王子様や仲間達とさまよっていると、ついに彼女が夢にまで見たユニコーンと対面!! 満面の笑みを浮かべ、大喜びでユニコーンの背中に乗る彼女は、子供ながらの夢をついに叶えたのである。彼女を映し出したニュース動画で、嬉々としてアディソンちゃんがユニコーンとたわむれる姿が胸を打つ。

このほかにも同団体は、バットマンに会いたい白血病の男の子を始めとする多くの子供達の夢を次々に叶えている。

筆者にもアディソンちゃんと同じぐらいの歳の姪がいるので、彼女の笑顔を見ているとジ~ンと涙が込み上げてしまった……。それに “もうこんな純真な時代には二度と戻れないんだな” と思うと、何だか寂しい気持ちもよぎってしまったが、せめて健康に毎日を送れることに、感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思う。

参照元:YouTubeMake-a-WishKevin LuberaKevin Lubera Photograph(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング