【検証グルメ】新しい味玉を考える会「調味料」編 / 味ぽん・ソース・ケチャップ・タバスコ・マヨネーズにゆで玉子を漬け込んでみた

ロケットニュース24 / 2014年10月6日 11時0分

【検証グルメ】新しい味玉を考える会「調味料」編 / 味ぽん・ソース・ケチャップ・タバスコ・マヨネーズにゆで玉子を漬け込んでみた

我々は「新しい味玉を考える会」である。みんなが愛してやまない味付けたまご、通称 “味玉” の新たな可能性を研究し続ける秘密組織だ……。いつの日か、しょう油味・塩味に次ぐ味玉を開発し、日本料理といえば「寿司・天ぷら・味玉」となる日を夢見て活動している……!

以前ご紹介した、『しょっぱい系』はほぼ成功『甘い系』は大失敗という結果に終わっている。3回目となる今回は、ズバリ調味料でのチャレンジだ! ゆで卵に直接かけてもおいしいものばかりをチョイスしたので、失敗するはずがないッ!! 今回も5種類を試してみたぞ!

・味玉の作り方
毎度の説明になるが、味玉の作り方をおさらいしよう。「ゆで卵を調味料に漬けるだけ」、以上である。たったこれだけでおいしく出来てしまう味玉は、究極の “ウマすぎ手抜き料理” なのだ。

・5種類を試してみた
今回は調味料5種類で試してみた。余計な手間は加えず、素材そのものにゆで玉子を入れて、一晩放置するだけ。味ぽん・ソース・ケチャップ・タバスコ・マヨネーズの5種類をランキング形式で発表するぞ! 

・5位「タバスコ」
しょっぱい系編で大成功を収めた『麻婆豆腐の素』は、辛さが高ポイントであった。辛い調味料といえばタバスコでしょ! ということで試してみたが、結果は大惨事に。おいしくない……。もっと言えばまずい。そもそも、むせて食べられない……。辛いだけではダメらしいことがよくわかった。

・4位「味ぽん」
過去2回の挑戦で、味玉に “酸味” は合わないと判明してはいたものの、何にかけてもウマくなる万能調味料、味ぽんなら……! 色合いはよく、味もよく染み込む。ただ、まずくはないがウマくもない。無敵の味ぽんでも、酸味は酸味で邪魔であった。

・3位「ケチャップ」
オムレツやスクランブルエッグには定番のケチャップ。失敗するはずがない! と思ってのチャレンジであったものの、可もなく不可もなくといったところ。ここでも酸味を感じるが、強くはない。単純に、ゆで卵にケチャップをかけた方がおいしいことが判明した。

・2位「マヨネーズ」
マヨネーズの原料は、酢と卵。ゆで卵をマヨネーズに漬けるということは、いわば里帰りである。結果はなかなか! てかウマい! 一晩だと味がそこまで入らないが、長時間漬け込めばもっとウマくなるハズ! 見た目は普通のゆで卵だが、食べるとほのかにマヨネーズの味と香りがして不思議! ちょっとおしゃれな味に仕上がったぞ!

・1位「ソース」
目玉焼きにはしょうゆも合うがソースも合う。目論見通り、いい出来である!「うめぇぇぇぇええ!」というよりは、初めて食べたのにどこか懐かしく、ほっこりする味に仕上がった。今回は中濃ソースを使用したが、ウスターソースでもおいしく出来るはずだ。

1位のソース味玉は、子供が好きそうな味だったのでお弁当にもいいだろう。ソースの種類や漬け時間を改良して、オリジナル味玉を作ってみてくれ!「新しい味玉を考える会」では第4回に向けて着々と準備中である! 心を落ち着けて続報を待てッ!!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング