【滋賀県民戦慄!?】2014年12月にリニューアルオープンする「ピエリ守山」の公式キャラTwitterがかなり不気味

ロケットニュース24 / 2014年10月7日 20時0分

【滋賀県民戦慄!?】2014年12月にリニューアルオープンする「ピエリ守山」の公式キャラTwitterがかなり不気味

明るい廃墟と呼ばれていた、滋賀県のショッピングモール「ピエリ守山」が2014年12月に生まれ変わってオープンする。それに先立って、9月に同施設はH&MやZARA、Bershka、Stradivarius、GAP、OLD NAVYなど約150店舗が出店する計画を発表した。

そんななか、施設の公式キャラクター2体がTwitterをスタートさせたのだが……。そのうちの1体、「アユちゃん」のTwitterホーム画面が何やら物々しい雰囲気を醸している。明るいあいさつとは裏腹の白黒画像は何だ!? 鬼気迫るモノを感じるぞ……

・ピエリ守山公式キャラクター、アユちゃんの最初の投稿

「ピエリ公式キャラクターのアユと申します!アカウント名どおり目標は脱・廃キャラでございます!」(アユちゃん公式Twitterより引用)

・脱・廃と言いながら
アユちゃんは自らを「脱・廃キャラ」と位置付けている。脱・廃とは、いうまでもなく「廃墟」と呼ばれることから脱することを意味している。だが、アユちゃんのTwitterホーム画面を見ると、廃墟にしか見えないピエリ守山の画像が……。そしてそこには「もう廃墟とは言わせない。」という鬼気迫る一言。怖いッ!!

・アイコンも怖い!
さらによく見ると、アユちゃん自身のアイコンも白黒である。しかも微妙にブレていて、まるで「写ってはいけないモノ」のような雰囲気なのである。なぜこの画像を選んだ……。ブラックファンタジー感、丸出しではないか。

もしかしたら、12月のオープンの時には白黒画像からカラーの画像に変更することを企てているのか!? とにかく現段階では、ただならぬ迫力を感じさせている……。

参照元:Twitter @ayu_pieri
執筆:佐藤英典

関連ツイートはこちら

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング