【突撃体験】スタバコーヒーセミナー「フードペアリング編」に参加してみた / たった2時間でコーヒーの楽しみ方の幅が広がった気がする!

ロケットニュース24 / 2014年10月22日 10時0分

【突撃体験】スタバコーヒーセミナー「フードペアリング編」に参加してみた / たった2時間でコーヒーの楽しみ方の幅が広がった気がする!

いつからコーヒーを日常的に飲み始めたかは覚えていないが、「気付けば1日1杯以上のペースでコーヒーを飲んでいる」という人は多いに違いない。かくいう私(筆者)もその一人。少なく見積もっても、1日3杯はコーヒーを飲んでいる。

そんな私が、『スタバコーヒーセミナー』なる教室があると耳にしたのはつい先日のこと。「コーヒーを楽しむコツをお話します。もっと身近にコーヒーを楽しみませんか?」という……。おもしろそう! というわけで、スタバコーヒーセミナーに参加してきたのでご報告したい。

・スタバコーヒーセミナーとは
『スタバコーヒーセミナー』を開催するのはもちろん、大手コーヒーチェーン店・スターバックスである。コーヒーセミナーは日本全国のスターバックスで開催されており、“コーヒーマスター” と呼ばれるプロが約2時間、様々なコーヒーに関するレクチャーをしてくれる教室だ。

コースは、「コーヒーのいれ方編」「エスプレッソ編」「ハンドドリップ編」「フードペアリング編」「カスタムブレンド編」などがある。いれ方よりコーヒーの楽しみ方に興味があったので、今回は「フードペアリング編」に参加することにした。

フードペアリング編の概要は、「さまざまなコーヒーを飲み比べて、香り・酸味・コクを体感し、風味に合わせたフードやスイーツとのペアリングでより一層コーヒーの楽しみ方を知る」というもの。まさに私にはうってつけの内容である。

・フレンドリーな雰囲気のセミナー
当日、新東京丸の内ビル店へ行くと、定員MAXの10人がセミナーを受けるようだ。おぉ、人気あるんだ。教えてくれるのはコーヒーマスター。スターバックスで毎年行われる厳しいテストをクリアした人だけがつけられる “黒いエプロン” をつけているのが特徴だ。

フレンドリーな雰囲気でセミナーが始まり、まずテイスティングの仕方を教わる。「①アロマ(香り)を楽しみ、②すすり、③舌の上の広げ、④自分の言葉で表現する」のがテイスティングの流れだ。おお、④はともかく、①~③は比較的簡単にできそうだ。

その後、牛乳や無脂肪乳、オレンジジュースを使い、コクや酸味の感じ方を学んでいく。舌の準備が整ったら、いよいよコーヒーのテイスティングがスタートだ。今回は、コロンビア・ケニア・スマトラの3種を飲み比べ、それぞれの特徴を感じ取っていった。

・教えてもらったとおりに試してみると……
普段は気にしないが、舌を整えて心して飲むと “コロンビア” からはナッツの風味を感じる。最初は「?」と思ったものの、“ケニア” からは柑橘系の香りを感じ、“スマトラ” からは一段深いコクを感じた。すごいぞ、俺の舌! コーヒーの風味はこんなに違うのかッ!!

さらには、それぞれのコーヒーとクッキー・スコーン・シナモンロールを合わせていく。コーヒーを流し込んだとき、フワッと広がるものもあればそうでないものもある。本当に相性ってあるんや……! 普段、いかに雑な飲み方をしているのかと思い知らされたのであった。

この日のセミナーは、記念品(スタバのお皿2枚)がついて3000円。もちろん、コーヒー代やフード代も含まれている。講師の方の雰囲気もよく、心地よい2時間であった。この日以来、コーヒーにうるさくなってはいないが、自分の中で楽しみ方の幅は広がったと思う。興味がある人はぜひ試してほしい。

参考リンク:スターバックス「コーヒーセミナー」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング