【まさかの展開】自称『セクシーなコック』が職場で“不適切写真”を撮ってFacebookに掲載 → 解雇 / 半裸エプロンで調理台に寝そべりポーズ

ロケットニュース24 / 2014年10月24日 22時0分

【まさかの展開】自称『セクシーなコック』が職場で“不適切写真”を撮ってFacebookに掲載 → 解雇 / 半裸エプロンで調理台に寝そべりポーズ

日本でもSNSに、勤め先のレストランやコンビニで冷蔵庫に入ったり商品の上に寝転がった写真を投稿して、従業員がクビになったケースが報告されて問題になったことがある。

そんななか、自称 “セクシーなコック” が、職場のキッチンで撮影した半裸写真をFacebookに投稿したばかりに、解雇される騒ぎが起こった。しかも、ご丁寧に雇い主まで写真にタグ付けしていたというから驚きである! ダメ押しで、投稿写真がまったくもってセクシーではないことも笑いを誘っている。

・自称 “セクシーなコック” が不適切写真を投稿
Facebookに、職場での不適切写真を投稿したとして仕事を解雇されてしまったのは、米フロリダ州ヴァルリーコのチェーンレストラン「Chili’s Grill & Bar」で、コックとして働くジャスティン・スピークズさんだ。

Facebookに投稿された問題の写真で、彼が上半身に身に着けているのはエプロンのみ。その格好でキッチンの調理台に寝そべり、セクシーポーズらしきものをとった写真に、「Chili のセクシーコック」とコメントを添えている。イケメンとは程遠いルックスの彼だが全身にタトゥーを入れているので、 “セクシー” は無理でも “ワイルド風” となら呼んであげても良さそうだ。

・ご丁寧に雇い主にタグ付けして投稿
半裸でふざけた写真を職場で撮影するだけでも賢いとは言えないのに、彼はFacebookに写真を投稿した際、ご丁寧に雇い主までタグ付けしたというから開いた口が塞がらない! 

こうして、公開設定になっていた写真を見た客から報告を受けたレストランが、ジャスティンさんの行為を重く見て解雇を言い渡したそうだ。ちなみに解雇された後、彼は写真をプライベート設定もしくは削除している。

・衛生調査において違反はナシ!
アメリカでは飲食店の衛生検査が厳しく、日本の保健所にあたるヘルス・デパートメントが3カ月ごとにチェックに現れる。そこで問題の写真をヘルス・デパートメントの職員に見せたところ、写真撮影の際、調理をしていたわけではないので違反には相当しないそうだ。

・コックの次はラッパーに!!
軽率な行為で仕事をクビになってしまったジャスティンさんだが、本人はあまり気にしていないとのこと。というのも彼は、自称 “セクシーなコック” であると同時にラッパーでもあるそうで、これからは音楽の道で食べていくつもりのようだ。

ちょっと気になったので SoundCloud で彼のラップを聴いてみたのだが、筆者はヒップホップに詳しくないが思ったほどヒドくはない。今回の件も、彼はラップのネタにしてしまうのではないだろうか。

参照元:YouTubeMashableABC ACTION NEWSTHE BLAZE(英語)
執筆:Nekolas
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング