【マグショット】天才的に空気を読める犯罪者が激写される

ロケットニュース24 / 2014年11月2日 15時0分

【マグショット】天才的に空気を読める犯罪者が激写される

シリアスな状況で笑いを取りにいくのは、なかなかハードルが高い。例えば、会議で誰かが真面目な話をしている時にジョークを飛ばすと、周囲の顰蹙(ひんしゅく)を買いかねない。またお葬式で焼香をする時にボケるのは、リスクが高過ぎる。

このように私たちの日常生活の中には、周囲の人々を笑わせようとすることが不適切に映りかねないシチュエーションがある。だがしかし! そんな高いハードルを見事に越えて、世界中から笑いを取ることに成功した男性がいた!! 彼がどのような状況でボケたのかというと……自らが逮捕された時。マグショットという逮捕時に撮られる写真で、ボケ倒したのだ。

2014年10月28日、その男性、マイカ・デイリー氏はアメリカ・フロリダ州のケープ・コーラルで逮捕された。原因はマリファナと麻薬道具所持。そしてそのままマグショットを撮られたのだが……その日に限って、彼は最高のTシャツを着ていたのである。

Tシャツにプリントされている文字は、「Go Directly to Jail(そのまま刑務所へ行け)」……。「よう言うたな!」「お前が言うな!」とツッコミ待ちのTシャツを着ていたのだ。世界中にTシャツが何万枚あるのか知らないが、これほど状況にマッチしたデザインはなかなかないだろう。

皮肉が効いていて自虐的でもある……なんという技ありのボケだろうか。恐らく彼は天才的に空気を読めるのだろう。きっとそうだ!

参照元:Daily NewsLee County Sheriff’s Office(英語)
執筆:和才雄一郎
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング