【衝撃バスケ動画】アメリカ版「炎のチャレンジャー」これができたら1万ドルで起きた奇跡

ロケットニュース24 / 2014年11月4日 7時0分

【衝撃バスケ動画】アメリカ版「炎のチャレンジャー」これができたら1万ドルで起きた奇跡

1995年から2000年まで放送され、人気を誇ったバラエティ番組といえば『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー』がある。挑戦者が競技をクリアできたら100万円の報酬をもらえるという企画で視聴者も楽しめたものだ。いやぁ、懐かしい!

その放送終了から10年以上の月日が流れたが、アメリカの地で「これができたら1万ドル」という企画があり、信じられない奇跡が起きたぞ! その詳細は次の通り。奇跡の瞬間は動画「College student hits 4 shots to win $10K」で確認可能だ!

・アメリカの大学でのイベント
1万ドル(約111万円)が報酬になった企画は、アメリカのブライアン大学で行われたもの。競技は「バスケットボール」で、30秒以内に4本のシュートを決めることがクリアの条件だ。

気になるシュートは、レイアップ、フリースロー、スリーポイント、ハーフラインからのロングシュートの4本。30秒以内という制限がプレッシャーになることは間違いなく、かなりの難易度といえる。

・未経験者の挑戦者
そして動画に登場するのはバスケ部……ではなくサッカー部に所属する23歳のタマヨ君。バスケ未経験者である上に指を怪我していた彼に期待する人は、誰ひとりとしていなかったと思われる。だがしかし……!

・ぎこちないがシュートを決める
タマヨ君はレイアップとフリースローをぎこちないながらも決めてしまうではないか。企画した人は少し焦るだろうが、ここまでは容易にクリアできるためまだ慌てる時間じゃない。それがわかっている会場も静かなままだ。

・4本全部決めるタマヨ君
ところがスリーポイントを沈めて会場がざわつくと、ななな、なんと! タマヨ君はハーフラインからのシュートまでも沈めてしまうのである!! しかも残り時間はなく、シュートが決まると同時にブザーが鳴る奇跡つき。なんという運の持ち主だ!!

・授業料免除
すべてをクリアしたタマヨ君のもとへ皆が走って行き、祝福する光景は感動的でもある。チャレンジに成功したことを聞いた彼の母親は、嬉しさのあまり泣き出してしまったそうだ。ちなみにこの報酬は授業料にあてるとのこと。

思わぬ形で大金を手にしたタマヨ君の将来の夢は「サッカー選手」になることで、卒業後はプロチームとの契約を希望しているらしい。1万ドルをゲットする奇跡のシュートを決めた彼のことだ。きっとうまくいくに違いない。

参照元:YouTubeNBC NEWS(英語)
執筆:原田たかし
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング