【みんな知ってるあたりまえ知識】東京ディズニーランドの「ロープウェイ」が今はもう無い

ロケットニュース24 / 2014年11月6日 17時0分

【みんな知ってるあたりまえ知識】東京ディズニーランドの「ロープウェイ」が今はもう無い

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「東京ディズニーランドのロープウェイが今はもうない」という知識です。

言うまでもなく大人気のディズニーランドに関する話なので、もちろんみんな知っているとは思いますが、万が一知らない人がいた場合のために、おさらいしましょう。

・トゥモローランドとファンタジーランドをつなぐ「スカイウェイ」
ロープウェイの正式名称は『ファンタジーランド行きスカイウェイ』、もしくは『トゥモローランド行きスカイウェイ』と言います。東京ディズニーランドがオープンした1983年4月15日から1998年11月3日まで約15年間運行し続けました。スポンサーは日本通運株式会社で、ゴンドラにペリカン便のロゴが貼ってありましたね。

思い出せない人のために具体的に説明すると、トゥモローランドとファンタジーランドをつなぐロープウェイで、ちょうど『スペースマウンテン』と『グランドサーキット・レースウェイ』(ゴーカート)の辺りに乗り場がありました。ほら、だんだん思い出してきたでしょ?

4人乗りで、いわゆる “激しい系” のアトラクションではなく、待ち時間もそこまで長くなかったので「ロープウェイは家族や祖父母と乗った」という人も多いのではないのでしょうか? ただ、今ディズニーランドに行ってもスカイウェイはありませんので注意して下さいね。

・終了したアトラクション
ちなみに、ディズニーランドにはこの他にも終了したアトラクションがあります。いくつかご紹介しましょう。まず「シンデレラ城ミステリーツアー」は2006年4月5日に終了しています。もちろんシンデレラ城はありますが、ガイドさんと数十人のグループで豪華絢爛な城内部を巡るツアーは現在行われていません。

ミッキーマウス・レビュー」も2009年5月25日に終了しています。ミッキーたちが演奏会を行う劇場型アトラクションで、空調が効いていて比較的空いている、一休みにはピッタリのスポットでした。なお、このアトラクションのミッキーの声は『ウォルト・ディズニー』が吹き込んだ声だったそうです。

観賞型アトラクション「ミート・ザ・ワールド」も2002年6月30日を最後に終了しています。日本の歴史を紹介するという、ディズニーランドにしては渋すぎるテーマのせいか、基本的には0分待ち。こちらも一休みするには最適なアトラクションでした。

いかがでしたか? あたりまえすぎたでしょうか? あなたがお気に入りのアトラクションも永久に続くとは限りませんので、楽しめるうちに楽しんでおきましょうね!

参考リンク:東京ディズニーリゾート
Report:P.K.サンジュン
Photo:(c) Disney
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング