Wi-Fiルーターを紛失したらこうなった / ドヤリングから一気に転落……か〜ら〜の!!

ロケットニュース24 / 2014年11月6日 7時0分

Wi-Fiルーターを紛失したらこうなった / ドヤリングから一気に転落……か〜ら〜の!!

「ノマドワーカー」という言葉があるように、今やオフィス以外で仕事をする人は珍しくない。そしてノマドをする際に役立つのが、Wi-Fiルーターだ。これならフリーWi-Fi が使えないエリアでも問題なし! 持っているスマホがデザリングできない機種でも問題なっしだ!! 

そのWi-Fiルーター、もし紛失してしまったら結構面倒だぞ。ということで、ここでは私(記者)自身がWi-Fiルーターを失くした経験を紹介したい。題して「Wi-Fiルーターを紛失したらこうなった / ドヤリングから一気に転落……か〜ら〜の!!」だ。

・デートスポットでドヤリング計画
私がWi-Fiルーターを紛失したのは横浜の山下公園。言わずと知れた横浜市民の憩いの場所であり、日本でも有数のデートスポットである。私はここでイチャつくカップルを尻目に、1人でドヤりながら仕事をしてやろうと思ったのだ。

もちろん、持っていくPCは MacBook Airの13インチ。そしてスタバの何とかラテもテイクアウトして、私は夜、公園のベンチに向かった。ちなみに、もはや常識だと思うが一応追記しておくと、MacBook Airはドヤるための必須アイテムである。詳しくは、前回の記事を参考にして欲しい。

・完璧なるドヤリング
目の前で煌めくイルミネーション、心地よい潮風、MacBook Air、スタバの何とかラテ……ドヤリング環境及びそのためのグッズは完璧だ。山下公園のベンチに1人で座っているのは、もしかしたら私だけかもしれないが、寂しさなんて全く感じないぜ!

何と言っても、MacBook Airがあるんだぜ! スタバのロゴが入ったカップもあるんだぜ! どっからどう見てもリア充が仕事している姿だぜ! ……こうして私はYouTube の動画を何本か見て気が済んだ後、帰路についた。少し肌寒かったが、心は満たされまくっていた。リア充の末席に加えてもらった気がした。

横浜中華街駅からみなとみらい線に乗り横浜駅に到着……と、その時! 気が付いた!! Wi-Fiルーターがない! ……公園のベンチに置きっぱなしだ! やばい!!

・カップルだらけで心が折れる
慌てて引き返したが、自分がどこのベンチに座っていたのかよく分からない! 今さら気がついたが、山下公園ってこんなにベンチ多かったのか!? おまけにカップルだらけ! ここでどうやって探せと……。

私は自分が座っていたエリアの目星をつけた。かなり自信はないが、恐らくこの辺だ。そしてそのベンチに座っていたカップルに「すいません、Wi-Fiルーター探してるんですが……」と声をかけた。しかし、向こうの警戒感はマックス。ただ聞いているだけなのに、完全に糞野郎扱いである。

……こうして3組ほどカップルに声を掛けたが、彼らの視線に私の心が折れた。諦めたのだ。

・回線をストップ
こうなったらやることは1つしかない。携帯電話会社、私の場合はソフトバンクに電話して回線を止めてもらうことだ。これがスマホを紛失した場合なら、誰かが電話を取ってくれることを期待して、自分の番号にかけたりすることもできる。だがWi-Fi ルーターはどうしようもない。あがきようがないのだ。

・解約する場合は約3万5000円
すると、そんな落ち込んだ気分に追い打ちが! 回線を止めてもらうべく電話したついでに、解約した場合いくらかかるのか聞いてみたのだ。そしたら……2年縛り分の違約金が約1万円。それに加えて本来毎月収める予定だった機種代金がかかるとかで、合計約3万5000円……

もし解約せずに機種変という形で新たなWi-Fiルーターを使う場合は、違約金の1万円こそ発生しないものの、新たなWi-Fiルーターの毎月の料金に、失くしたWi-Fiルーターの機種代金が上乗せされると言うではないか。

マジかよ……山下公園でドヤろうなんて考えなければよかった! 何考えてんだ、俺!! と後悔しても後の祭り。とりあえず、解約するのか、新たなWi-Fiルーターを使用するのかという問題は放置しておくことにした。どうでもよかった。考えたくなかった。早くどこかに飲みにいきたかった。

・ソフトバンクからの手紙
解約か? 新たなWi-Fiルーターを使用するのか? その問題から目を背けて1週間が経過した頃、事態が勝手に好転した。果報は寝て待てというが本当だ! ポストの中に、ソフトバンクからの封筒が入っていたのだ。

中を見ると……失くしたWi-Fiルーターが警察で保管されているというではないか! つまり、誰かが拾って届けてくれたのだ!!

こうして私は警察に行き、Wi-Fiルーターが私の元に戻ってきた。あの時、解約するのかどうかを早く決断しなくて良かった〜! とりあえず放置してよかった〜!!

・「失くした!」と思った時はちょっと待った方がいい
もしWi-Fiルーターやスマホを紛失して、探しようがない場合、「新しいものを早く買わねば!」となる人は多いだろう。特に仕事で使用している人なら、焦る気持ちはなおさら強くなるはず。でも、それはちょと待った方がいい。

今回の私のケースのように、見つけた誰かが届けてくれて手元に戻ってくる可能性だってある。どこで失くしたのかにもよるだろうが、待ってみる価値は十分にある。焦って解約したり、新たなWi-Fiルーターを購入すると、さらに後悔するかもしれないぞ!

執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング