英国で有名イケメン学者が「宇宙人はいない」と発言したと報道され波紋を呼ぶ / 「誤解だ!」と学者本人がツイッターで説明する事態に

ロケットニュース24 / 2014年11月7日 7時0分

英国で有名イケメン学者が「宇宙人はいない」と発言したと報道され波紋を呼ぶ / 「誤解だ!」と学者本人がツイッターで説明する事態に

宇宙人の存在が気になって眠れない……なんて人が、世界には大勢存在する。この飛び方は不自然だからUFOだ! この影は宇宙人だ! などと、いたるところで議論されている。

しかしこの度、英大手メディアが「この宇宙で、地球以外に生命は存在しない」とある有名物理学者が発言したと報道したのだ。このことで、え? あの人がそんなことを言ったの? と多くの人をビックリさせてしまったのだが、実際はだいぶ違ったのであった……。

・「地球外生命は存在しない」と報道される
ロックミュージシャンでありながら BBC(英国国営放送) にも番組を持つイギリス人物理学者のブライアン・コックスさん。その異端の経歴とイケメンっぷりでイギリスでは大人気!

そんな彼が、自身の番組内で地球外生命の存在の可能性について話したところ、英大手メディア Daily Mail が「コックス氏が、宇宙には地球外生命は存在しないと発言した!」と報じたのだ。すると、「宇宙人がいないなんてショック!」「そんなバカな」「そう思っていたよ」など、大きな反応が巻き起こったのである。

・「そんなこと言っていない!」とコックスさん
そんなの「宇宙人と出会える日はきっと来る!」と胸をときめかせていた身としては大変ガッカリなこと。ところが、当の発言をしたコックスさんは「私はそんなことは言っていない!」と反論。え? どういうこと?

ということで、Daily Mail が取り上げているコックスさんの発言を見てみたい。BBC2で放送されている『Human Universe』のなかで、コックスさんは「私たちの住む銀河のなかで、高度な技術をもつ知的生命はたった1つしかありません。それは、私たち地球人です。私たちは他に類を見ない存在なのです」などと述べている。

・銀河と宇宙は同じではない
つまり「 “銀河” のなかの、“知的生命” は地球人だけ」とのコックスさんの発言を、Daily Mail は「“宇宙” のなかの、“生命” は地球人だけ」と拡大解釈して報じてしまったのだ。

「銀河=星や星間物質、ダークマターなどが集まった集合体」、「宇宙=そんな銀河を取り巻く果て無く広がる空間」と違った意味を持っており、知的生命と生命も同じではない。その辺をゴッチャにしてしまったことから、今回の混乱へと発展したというわけである。

・ウンザリ気味のコックスさん
世界的にも有名な Daily Mail の報道とあって、この微妙に間違ったニュースは世界中でシェアされることとなる。そんな事態に困惑したコックスさんは、ツイートで訂正を行った。

「もう、Daili Mail さん! “文明をもつ生命” と “生命”、“銀河” と “宇宙” は微妙に違いますよ」

「もう一度言います。私は宇宙には、多くの生命が存在していると思っています。しかし、天の川銀河のなかの知的生命は、地球人だけかもしれない。でも宇宙には、知的生命は存在することでしょう」

当初報道された内容とは全く逆で、コックスさんは宇宙人の存在を強く信じているという。その「宇宙大好き!」といった前向きな姿勢が、多くの人に好意的に受けとめられている彼だからこそ、ここまでの騒動に発展したのかもしれない。これからも、星空の向こうに誰かいるかもと夢見ても良さそうだ。

参照元:Mail Online、Twitter @Brian Coxstuff(英語)
執筆:小千谷サチ
関連ツイートはこちら

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング