青果卸売店直営のフルーツパーラーは大人の隠れ家 / 東京・秋葉原『フルーフ・デゥ・セゾン』

ロケットニュース24 / 2014年11月8日 18時0分

青果卸売店直営のフルーツパーラーは大人の隠れ家 / 東京・秋葉原『フルーフ・デゥ・セゾン』

流行というほどでもないが、直営店・直営レストランと耳にする機会が多くなった。例えば「肉の卸問屋直営のレストラン」や「魚問屋直営の居酒屋」などである。直営という響きだけで、リーズナブルでおいしそう! と感じるが、青果卸売店直営のフルーツパーラーがあるという。

青果卸売店直営のフルーツパーラーだと……? ウマいに決まってる! というわけで、東京は秋葉原の『フルーフ・デゥ・セゾン』でフルーツパフェを食べてきたのでご紹介したい。

・最寄の駅は末広町
『フルーフ・デゥ・セゾン』は秋葉原の外れにある。最寄りの駅は地下鉄銀座線・末広町。2番出口を出たら蔵前通りを浅草方面に進み、セブンイレブンの次の角を右折すると左側に見える。ロケーション的には完全に路地裏で、まさに秋葉原の隠れ家的な雰囲気だ。

・フルーツパフェをオーダー
伺ったのはもうすっかり暗くなった土曜日の18時くらいであったが、店はほぼ満席。季節のパフェ「皮ごと食べるピオーネ(ぶどう)のパフェ」と迷ったが、初訪問だったので王道の「フルーツパフェ」をオーダーした。

・フルーツてんこ盛り
待つこと10分ほどでフルーツパフェが到着……。うお、デカい! フルーツが「落ちちゃう落ちちゃう!」と心配になるほど、ふんだんに盛り付けられている。いちご・リンゴ・マンゴー・スイカ・キウイ・バナナ・柿・メロン・オレンジ・いちじく・パイナップルとフルーツのカーニバル状態である。

・アイスもフルーツシャーベット
さっそく食べてみると、どのフルーツもウマい! しっかりと食べ頃の熟したものが使われているのがよくわかる。アイスは3種類入っていたが、全てフルーツシャーベット。舌が甘ったるくならずに、フルーツを最後まで酸っぱいと感じずに食べられた。

・果物純度が高い
パフェの底には完熟のマンゴーと柿が入っていて、自然な甘さでしつこくない。アイスもフルーツシャーベットだから、「生クリーム以外はほぼ全てがフルーツで出来ているフルーツパフェ」と言ってもいいほど果物純度が高いパフェであった。

・若い人よりは大人向け
今回はフルーツパフェをいただいたが、それぞれの季節のパフェもおいしそうな雰囲気がプンプンする。先述したブドウのパフェはもちろん、イチゴのパフェ・マンゴーのパフェ・桃のパフェあたりもかなり惹きつけられる……これはまた来るしかないな

客層は決して若くなく、男女ともに落ち着いた30代以上が主だった。フルーツパフェも1500円とそれなりのお値段だったが、クオリティはもちろん、青果店直営の大人のフルーツパーラーであれば納得であった。違いがわかる大人なあなたに食べてほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 フルーフ・デゥ・セゾン
住所 東京都千代田区外神田4-11-2
時間 月火金 10:00~19:00 / 土日祝 11:30~19:00
休日 水曜日・木曜日

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング