【こだわりすぎ】午後の紅茶のディズニーデザインボトルは全13種類もある / アルファベットで遊ぶことも可能

ロケットニュース24 / 2014年11月10日 21時30分

【こだわりすぎ】午後の紅茶のディズニーデザインボトルは全13種類もある / アルファベットで遊ぶことも可能

ディズニーとコラボし2013年はボトルを集めるとパラパラ漫画になるデザイン、2014年はアプリを使ってボトルでカンパイするシーンを撮ると専用の絵が表示されるという、デザインにハンパじゃないこだわりを持っているペットボトルの紅茶といえば『午後の紅茶』だ。

日本ペットボトル紅茶界で確実に一番デザインにこだわりを持つ紅茶と言っても過言ではないぐらいだが、先日お伝えした2014年のディズニーデザインボトルの楽しみ方は、アプリでカンパイするだけではなかったのだ!

・ボトルに描かれてるアルファベット
その楽しみ方とは、ボトルに描かれているアルファベットを使って、好きな組み合わせで並べ自分の名前などを作って遊ぶというもの。確かにもう一度ボトルを見てみると、キャラクターと一緒に確かに文字が描かれていた。

アプリで遊んだときは「単なる認識のための文字なのかな?」と思っていたが、じつはそんなことはなくちゃんとAからZまで、すべてのアルファベットがボトルに描かれているのである。

・相当大変だったのでは?
全部で26個あるアルファベットが表裏に2つずつ描かれているので、午後の紅茶は全13種類もデザインボトルの種類があるということになる。フツーは1種類しか作らないと思うが、アルファベットだけでなくディズニーキャラクターとコラボしたこだわりのデザインを13種作るとは相当な大変さだっただろう。

ただ、問題点がひとつある。それは「コレクションしたいので飲みたくなくなってくる」ということ。収集用と飲む用で2本買ってしまったが、なんだか戦略に見事にハマってしまった気がした……。まあカワイイからいいけど(笑)。

Report:なかの
Photo:Rocketnews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング