【もっこもこ】生後5週間の赤ちゃんラッコが “立派なラッコ” になるべく猛特訓中! オフィシャル動画も大人気だよ!!

ロケットニュース24 / 2014年11月11日 8時0分

【もっこもこ】生後5週間の赤ちゃんラッコが “立派なラッコ” になるべく猛特訓中! オフィシャル動画も大人気だよ!!

「ラッコ ラッコ ララ ラッコ ラッコ ララララ ラッコ」から始まるラッコの名曲をご存知だろうか? そう、水森亜土さんが歌う『いたずラッコ』だ。この歌の通り、ラッコはと~~~~ってもキュートな存在!

愛くるしいルックスだけでなく、「寝るときは、他のラッコと手をつなぐ」なんて心をギュッとつかまれるトリビアがあったりと、そのかわいさは鉄壁だ。この度、そんなラッコの赤ちゃんが保護されて、動画が公開されたのだからさあ大変! 命の危機を乗り越えて、今は立派なラッコになるべく奮闘中なんだって!!

・生後5週間の赤ちゃんラッコ
この赤ちゃんラッコの姿が収められているのが、米シカゴのシェッド水族館が公開した動画「Welcome Pup 681!」 。体重3kg、体長57cmあまりという、小さな小さなメスの、生後5週間のカリフォルニアラッコだ。

動画のタイトルにある「Pup 681」は、このラッコちゃんの呼び名。なんだか味気ない名前だが、これはまだ仮のものなのでご安心を。

・発見当時は、体重1kg……!
Pup 681が保護されたのは、2014年9月30日のこと。カリフォルニアのビーチで発見された当時は、生後1週間で体重はたったの1kgだったのである! 

体重1kgというのは、ラッコの赤ちゃんとしては小さ過ぎ。すぐに栄養を与える必要があるほど危険な状態にあったという。その後4週間ほど、モントレーベイ水族館で保護されていた。

・ワクワクしているスタッフ
この動画は、「待ちきれない!」といった感じでソワソワしたシェッド水族館スタッフたちの姿から始まる。次のシーンでは、抱っこされる赤ちゃんラッコちゃんが。この子がPup681ちゃんなのか! フッワフワの、モッコモコじゃないか!! 

そして検査を受けている途中に、ヴィー、ヴィーという鳴き声が聞こえる。文字にしてしまうと、赤ちゃんらしくないのだが……信じてほしい。実際に聞くと、思わず真似したくなるほど、激カワなのだ。

・スタッフによる愛の体拭き
次に、プールに入れられるPup 681。キョトキョトしているが、特に嫌がってはいなさそうだ。さすが、ラッコ! その後は、スタッフが広げたバスタオルにヨチヨチのぼって、体を乾かしてもらうのだが、スタッフの念の入った乾かし方にも愛が感じられる。

現在では、経験豊富なスタッフが24時間体制でPup 681のお世話にあたっているという。この集中ケアの間に、グルーミングや食べ物の見つけ方などを学びながら、“立派なラッコ” を目指すのである。

・絶滅の恐れもあるカリフォルニアラッコ
カリフォルニアラッコは、IUCNレッドリストでは「絶滅危機」に指定されており、米地質学調査所によると、2014年の個体数は2944頭。2013年の2939頭から、少し増加しているが、まだまだ安心はできない。

この動画のなかで、スタッフの誰もがPup681への愛情をあふれさせている。誰からも愛されるなんて、こんな小さなラッコちゃんは実にスゴいことをやってのけるものだ。しかし、どんな生き物だって同じような力を持っており、愛されてしかるべきなのではないだろうか? ラッコを始め、全ての生物が守られることを願う。

参照元:Shedd aquarium MashableFacebook、Twitter [1] [2] [3](英語)
執筆:小千谷サチ
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング