【また問題作】チロルチョコ「チーズ&ピザ」と「チーズ&チーズ」を食べてみた / とんでもない反抗期が1人いた

ロケットニュース24 / 2014年11月13日 13時0分

【また問題作】チロルチョコ「チーズ&ピザ」と「チーズ&チーズ」を食べてみた / とんでもない反抗期が1人いた

先日の記事で、ミニストップ・スリーエフ・ココストア限定発売「ポッカコーヒー味のポテトチップス」を問題作としてご紹介したが、またまたコンビニで問題作と言わざるを得ない商品を発見してしまった……。それがローソンで発売されているチロルチョコ「チーズ&ピザ」と「チーズ&チーズ」だ!

チロルチョコにしては珍しく1個ずつのバラ売りではなく、8個入って130円という若干割高な商品。「チーズ&チーズ」には “ワインと楽しむ” と記載されている。ムム! これは確かめねばなるまい! というわけでさっそく食べてみたのだが、これもなかなかのパンチ力だったのだ!

・ローソン先行発売
チロルチョコ「チーズ&ピザ」と「チーズ&チーズ」はローソンで販売している。限定販売ではなく先行発売のようだ。これまで、300種類以上のフレーバーを世に送り出してきたチロルチョコだが、ガッツリ大人向けの商品とはそれなりに珍しい。さっそく購入して家に持ち帰った。

・頑固なゴーダチーズ
まずは「チーズ&チーズ」の『ゴーダチーズ』から。口に含むと一瞬だけホワイトチョコだが、どっしりと濃厚なゴーダチーズの主張がハンパない。余韻はチョコの面影一切なし! 「わかる人だけわかればいいよ」という強い意志を感じる……! うむ、潔くていいぞ!!

・エレガントなブルーチーズ
次に『ブルーチーズ』を食べてみる。見た瞬間「え、青カビ?」と思ったものはレーズンだった。中はクランチが仕込まれており、チーズの主張もゴーダチーズに比べて強くない。これはウマい! エレガントな味わいでチロルチョコだと言わなければ高級チョコと間違えてしまうレベルだ!!

・控えめなチーズ
袋は変わり「チーズ&ピザ」の『チーズ』を試す。プロセスチーズっぽい包装は、いかにも遊び心あふれるチロルチョコらしい。中にはビスケットが入っていて、後から追ってくるチーズの風味が悪くない。これもなかなか。控えめに主張するチーズが好印象だ。

・問題作、ピザ
最後に「チーズ&ピザ」の『ピザ』。チョコに練り込まれたバジルから嫌な予感がプンプンする。一口食べてみると……! ぐっ、こ、これは……!! トマトベースのピザソース味の再現度は文句なく高い。バジルも「俺もいるぜ!」と強く主張してくる。わかる、わかるけど……!

君たちはチロルチョコなんだ! 子供も大好きなチロルチョコなんだぞ!!」と言いたくなる仕上がりである! こいつは問題作や……。4つの中で一番の反抗期であることは間違いない。「俺は早く大人になりたいんだ!」という叫びが聞こえてきたが、「背伸びしすぎだ! たわけ者!!」と一喝してやったのであった。

・大人なら色々な意味で楽しめる
チロルチョコならではの柔軟な発想とチャレンジ精神は素晴らしい。だが、コツコツお金をためた子供がこれに手を出したかと思うと……。全米が号泣すること必至である。大人は色々な意味で楽しめるだろうが、良い子のみんなは決して手を出しちゃいけないぞ! お父さん・お母さんから1個もらおうね!!

参考リンク:チロルチョコ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング