覚せい剤を「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」が分かりやす過ぎ! クスリで逮捕された女性のTシャツが話題

ロケットニュース24 / 2014年11月14日 0時0分

覚せい剤を「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」が分かりやす過ぎ! クスリで逮捕された女性のTシャツが話題

ア・イ・シ・テ・ルのサインと言えば、当然ながらブレーキランプ5回点滅である。常識だ……と言いたいところだが、私(記者)と世代が違う読者の中には「何それ!?」となっている人もいるだろう。説明すると、「ブレーキランプ5回点滅」はドリカムの名曲『未来予想図2』の一節で、恋人同士の秘密のサインのことである。

今回はそんな「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」にまつわる事件を取り上げたい。と言っても、ドリカムの楽曲のように美しい話ではない。むしろ、ダーティー&ブラック……なぜかというと、問題の女性が愛していると思われるのは人ではない。覚せい剤だ。そして何より、そのサインがド直球! 堂々たる、覚せい剤ア・イ・シ・テ・ル宣言だったのだ。

・Tシャツに「アイ・ラブ・クリスタルメス」
事件が起きたのはアメリカ・ケンタッキー州。2014年11月4日、37歳の女性、デボラ・アッシャーさんが、一緒にいた男性とともに逮捕された。彼女たちは、メタンフェタミンと呼ばれる覚せい剤3.37グラムを所持していたのだ。

その時! 彼女が来ていたTシャツには「アイ・ラブ・クリスタルメス」とプリントされていたのである。有名な「アイ・ラブ・N.Y」のTシャツのように、ラブの部分がハートマークになっているヤツだ。ちなみにクリスタルメスとは、覚せい剤のこと。

・警察がマグショットを公開
警察に逮捕された時に撮られる写真はマグショットと呼ばれるが、彼女もそのままマグショットをパシャリ。現在、警察のFacebook 上でその姿が公開されている。

それにしても、なぜ彼女はここまで分かりやすい覚せい剤ラバーっぷりを見せつけてしまったのだろうか。そんなTシャツを着て覚せい剤を所持していたら「逮捕して下さい」と言っているようなものではないか……。

元々大胆な性格なのだろうか? それとも覚せい剤により、その辺りの判断能力が低下していたのだろうか? 詳しいことは分からないが、彼女が愛してはいけないものを愛してしまったことは確か。言うまでもないが、覚せい剤に手を出すのは絶対に止めておこう。

参照元:MetroFOX2Facebook(英語)
執筆:和才雄一郎
画像をもっと見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング