プロポーズプランナーがサプライズを演出 → 実は “クライアント” が仕掛け人サイド! なんと自分のための逆サプライズ・プロポーズだった!! 

ロケットニュース24 / 2014年11月19日 9時0分

プロポーズプランナーがサプライズを演出 → 実は “クライアント” が仕掛け人サイド! なんと自分のための逆サプライズ・プロポーズだった!! 

プロポーズとは2人が結婚に向けて第一歩を踏み出す瞬間だ。その喜びを一生の思い出にしたいという要望に応えて、最近では求婚の演出を助けてくれる “プロポーズプランナー” と呼ばれるプロが存在するらしい。

25歳の彼女もそんなプロポーズプランナーの1人。だがサプライズ当日になって登場したのはお客様ではなかった!! なんと自身の恋人だったのだ。自分が仕掛け人だと思っていたら、まさかの逆サプライズ! 絶対に気づかれないように二重にも三重にも練られた壮大なプロポーズだったのである。

・25歳プロポーズプランナーの祝さん
2014年11月14日、プロポーズプランナーの祝秀穎(しゅく・しゅうえい)さんは中国・湖北省は武漢市の遊園地にいた。この日は、彼女のクライアントがプロポーズを実行する日! ショーの最中に「彼と結婚しなよ!」とサプライズプロポーズが行なわれるはずだった。

・当日、別人が乱入して計画が台無しに
3カ月かけて手配したサプライズは順調だ。予定通りにステージのモニターに「彼と結婚しなよ!」という文字が表示される。ここでクライアントが舞台に上がり求婚する。祝さんは、クライアントの恋人を舞台に上がるように促した。ところがそのとき!!

壇上にいたのは求婚者は彼女のクライアントではなかった! なんと祝さんの恋人がトコトコと舞台に上がって行ったのだ。そしてその場で祝さんに「結婚してほしい」とまさかのプロポーズ!! アンタ、何乱入してるのさ!?

・「もうめちゃくちゃだわ!」
これでは大切なクライアントのプロポーズが台無しになってしまう! 3カ月の努力も水の泡だ。祝さんも「馬鹿!! もうめちゃくちゃだわ!」と思ったという。クライアントだって怒っているに違いない。しかし、しかし、だがしかし!!

・ “クライアント” もグルだった!!
そのクライアントもステージの下で「結婚! 結婚!!」とコールしているではないか。祝さんは、ここで初めて気がついた。クライアントは恋人とグル。 今夜のサプライズの主役は祝さん自身だったのである。 

・究極のサプライズ
祝さんも彼からのプロポーズを夢見ていたそうだ。しかし、彼女自身がプロのプロポーズの仕掛け人だ。自分には縁のない話だと思っていたとのことである。

そんなプロをだますとは、なんと用意周到なことだろう。「木の葉を隠すなら森の中」とはよく言ったものだが、ある意味究極のサプライズと言えるかもしれない。

参照元:Sina Weibo [1] [2]楚天都市報(中国語)
執筆:沢井メグ
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング