【衝撃サッカー動画】最後の締めはオーバーヘッドキック! 欧州サッカーのPKで神がかり的な鉄壁ディフェンスが炸裂!!

ロケットニュース24 / 2014年11月19日 18時0分

【衝撃サッカー動画】最後の締めはオーバーヘッドキック! 欧州サッカーのPKで神がかり的な鉄壁ディフェンスが炸裂!!

サッカーの試合を見ていて息を呑むシーンのひとつにPK(ペナルティーキック)がある。キッカーとキーパーの真剣勝負は見ている方までハラハラドキドキ。ほんの数秒で天国と地獄がハッキリ分かれるため、すべての視線は2人に注がれるものだ。

それだけに2004年のアジアカップ・ヨルダン戦で川口能活選手が見せた神セーブのようにドラマが生まれることもめずらしくない。そして先日、またひとつ伝説となるであろうPKが誕生したので動画「Joel Mall Great Defended Penalty FC Aarau vs FC Zurich 9/11/2014/ Switzerland Super League」と共にご紹介したい。

・スイスリーグでの出来事
伝説となるであろうPKは、スイスリーグのFCアーラウ(赤) vs FCチューリッヒ(白)の試合で見られた。動画は9番の選手がキッカーとしてPKを蹴るシーンから始まるぞ。

・一連の流れ
一体どのようなプレーがあったのか。その一連の流れを簡潔に文章で表すと次のようになる。

PK開始 → キーパーがセーブ → こぼれ球を再度シュート → またしてもキーパーがセーブ → こぼれ球はゴール方向へ → ディフェンダーが必死にクリア!

……といったような感じでFCアーラウは「セーブ、セーブ、またセーブ」と、どうやったら入るんだと思うほどの鉄壁ディフェンスを披露。最後はオーバーヘッドキックで豪快にクリアして窮地を脱したのである。

・確かな結束力
PKによる失点を防いだFCアーラウは、結果として0−1で敗北したものの、プレーから強い勝利への執念が感じられた。キーパーが止めてくれることを信じて守るチームメイトを見ると、次に繋がる戦いができたのではないだろうか。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング