極上ウイスキーを飲みながら「マッサン」の軌跡を知れる『竹鶴 MUSEUM BAR』が西武池袋にオープン!竹鶴の世界を肌で感じよう

ロケットニュース24 / 2014年11月20日 14時0分

極上ウイスキーを飲みながら「マッサン」の軌跡を知れる『竹鶴 MUSEUM BAR』が西武池袋にオープン!竹鶴の世界を肌で感じよう

NHKで現在放送中の、大人気テレビ小説といえば『マッサン』だ。大正時代、ウイスキー作りに情熱を燃やす男性「亀山政春」と、その妻でスコットランド人の「亀山エリー」、その他の個性的な登場人物が織りなすドラマは、91シリーズ目となる連続テレビ小説のなかでも高い評価を得ているのだ。

その亀山正春の愛称であり、ドラマのタイトルにもなっている “マッサン” のモデルとされているのが、ニッカウヰスキー創業者である「竹鶴政孝」。日本のウイスキーの父とも呼ばれる彼とエリーのモデルになった妻、「竹鶴リタ」の軌跡を知ることができるイベント『竹鶴 MUSEUM BAR』が、池袋西武で現在開催されている。

『竹鶴 MUSEUM BAR』では、定番の「竹鶴ピュアモルト」から希少価値の高い「竹鶴25年」まで、その場で飲み比べることができるテイスティングバーも設置されている。もちろん気に入った味があれば買って帰ることもできるため、ウイスキーファンならぜひ行ってみたいイベントとなっているぞ。

「日本で本物のウイスキーをつくりたい」というマッサンの夢と努力の結晶を肌で感じられるイベント『竹鶴 MUSEUM BAR』は、2014年11月24日までの限定開催。マッサンファンは、忘れずにチェックしておこう!

参照元:ニッカウヰスキー
Report:なかの
Photo:Rocketnews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング