中国のわりと田舎に「ハローキティ・パーク」が堂々開園!!!!

ロケットニュース24 / 2014年11月25日 9時0分

中国のわりと田舎に「ハローキティ・パーク」が堂々開園!!!!

米国生まれの世界のスーパースターと言えば「ミッキー・マウス」! じゃあ日本生まれの世界のアイドルと言えば……そんなの「キティ・ホワイトさん(キティちゃん)」に決まってるだろ!?

2014年11月に40歳のお誕生日を迎えたキティさん。まだまだ人気が衰える気配はない。そう、経済成長著しいと言われ続ける中国で「ハローキティ・パーク」が登場するというのだ! 2015年に開園という「上海ディズニーランド」にぶつけてくるとは……さすが商売上手な中国さん、これはキタァーッ!!

・中国にキティさんパークがクルーッ!!
中国で「ハローキティ・パーク」が建設されるらしいという噂は、実は2009年頃からあった。2010年の上海万博に向けて鋭意建設中だとか、2011年には完成するだとか、根拠のない噂だけが一人歩きするという、まさに「中国あるある」である。

そんなこんなですっかり忘れ去られていた「ハローキティ・パーク」が、2015年1月1日についに、ついにオープンするらしいぞ!

・マジもんのキティさん
だが、中国と言えば世界のパクリ大国。「これは売れる!!」と思ったら神速でコピーすることはアップル製品のコピー商品などの歴史が証明している。

ま、まさか今回の「キティちゃんパーク」もパクリなんじゃ……とビビってしまったが、サンリオが2011年にライセンス契約を結んだ旨を発表しているので、マジもんのキティさんと見て良さそうだ。

・アジア最大級のキティちゃんパーク!
パークの完成予想図を見てみると……ほうほうほう!! これはメルヘ~ンッ! 

パーク内は6つのエリアに別れており、10種類以上のアトラクション&ショーを楽しむことができるという。6つのエリアの主人公はそれぞれキティちゃん、マイ・メロディ、けろっぴ、ばつ丸、おさるのもんきちがテーマになっているようだぞ。なお、施設の90%以上が、国外から輸入されたものとのこと。

さらにオフィシャルホテルは、屋内中がもうキティちゃんだらけっ! 部屋だけではなく廊下も何もかもがキティちゃんの世界観を醸し出している。これはキティちゃんファン必見だ。

・で、建設地の浙江省安吉県ってどこやねん
そんな中国のキティちゃんパークの気になる所在地は「浙江省湖州市安吉県」。浙江省杭州市からちょっと北にいったところだ。上海・浦東空港からクルマで3時間くらいの距離である。

竹の名産地であり、映画『グリーン・デスティニー』の竹林シーンのロケ地としても知られている。自然いっぱい! 風光明媚なプチ田舎というイメージが強い。

・行くまでが大変そう……
公式サイトによると「交通機関を使う人は安吉バスターミナルまで出てきてシャトルバスに乗ってね!」とのこと。安吉バスターミナルは最寄の高速鉄道(新幹線)湖州駅、もしくは杭州汽車北駅からバスで1時間くらいの距離らしい。さらにそこからシャトルバスというのだがら……ふふっ、結構遠いなぁ。

そもそも高鉄・湖州駅や杭州汽車北駅は上海からも杭州空港からも、たどり着くのが大変。日本から行くなら2泊は見ておきたいところである。

・チケットは約5000円から
気になるチケットは、大人平日260元(約5000円)、休日320元(約6200円)。子供は平日200元(約3800円)、休日260元(約5000円)である。ふふっ、中国の物価から見ると高いなぁ。でも、それでもみんな行っちゃうんだろうなぁ。

ライバルとなるであろう「上海ディズニーランド」にガチ勝負をしかけているように見える「ハローキティ・パーク」。ディズニーに先んじて開園するというアドバンテージがあるものの、浦東空港からクルマで30分程度という「上海ディズニー」と比較するとアクセス面はハンデがあるかもしれない。

余談だが、中国語でキティちゃんは「凱蒂猫(カイディーマオ)」と書く。しかし英語名も通じるので、英語っぽく「ヘロゥ・キリィー」、もしくはキティに「猫(マオ)」をつけて「キティマオ」と言っておけば大体通じるぞ!

参照元:「ハローキティ・パーク」公式サイト鴛江熱線(中国語)、サンリオ・プレスリリース(PDFファイル)
執筆:沢井メグ
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング