【検証】今日から都営地下鉄と東京メトロの143駅で「無料Wi-Fi」のサービス開始! やっぱり専用アプリを入れておくと便利であることが判明!!

ロケットニュース24 / 2014年12月1日 13時17分

【検証】今日から都営地下鉄と東京メトロの143駅で「無料Wi-Fi」のサービス開始! やっぱり専用アプリを入れておくと便利であることが判明!!

本日、2014年12月1日から都営地下鉄と東京メトロで無料Wi-Fiサービスの提供が開始された。事前に専用アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」をインストールしておくと、接続がスムーズにできるということだったので、早速インストールしてサービス利用可能な駅へと行ってみることにした。実際に使用してみたところ、たしかにアプリをインストールしておくと、かなり便利!

・iOS端末で接続する手順
専用アプリでの無料Wi-Fi接続は、アプリにきちんと説明が記載されているので、特に戸惑うことはないだろう。iOS端末で接続する手順は、大まかに以下の通りだ。

1.スマホの「Wi-Fi接続」をオンにする
2.使用するネットワークから、「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」(都営地下鉄)もしくは「Metro_Free_Wi-Fi」(東京メトロ)を選択
3.アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を起動
4.トップ画面の「インターネット接続へ」をタップして、インターネットに接続

・メールアドレス入力を省ける
以上である。アプリをインストールしていなくても、ブラウザ経由でネット接続は可能だ。ただしブラウザを使用する場合は、接続する度にメールアドレスを入力する必要がある。

その点、アプリ経由ならメールアドレスを入力する手間が省ける。iOSの場合、一度接続すれば「Wi-Fi接続」をオンにした段階で使用するネットワークを自動で選択するので、次回以降はアプリを起動して、「インターネット接続へ」をタップするだけだ。ちなみにPCでネット接続する場合には、その度ごとにメールアドレスを入力する必要がある。

・都営地下鉄と東京メトロで自動接続切り替えをしてくれると……
私(記者)は都営大江戸線の新宿西口駅と、東京メトロ丸の内線の新宿駅を行き来して、接続状況を確認してみた。行き来する度に上記のプロセスで「Japan Connected-free Wi-Fi」を起動して、接続を切り替えなければならない。これが自動で切り替わると、さらに便利ではないかと思った。だが、それはぜい沢というもの。1回3時間のネット接続を使い放題なので、まずは良しとしよう。

・とにかく便利
また電車の車中で接続していても、走り出すと接続が切れる。ホームか駅の構内で利用しよう。アプリのインストールがまだという人は、とりあえずインストールしておくと良いだろう。何かと便利になることは間違いない。

参照元:NTTBP、Japan Connected-free Wi-Fi(iOSAndroid
Report:佐藤英典
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング