高級店が立ち並ぶ東京・銀座に奇跡的な価格設定で営業するカレーショップ発見! ふくていのステーキカレーは600円だッ!!

ロケットニュース24 / 2014年12月8日 12時0分

高級店が立ち並ぶ東京・銀座に奇跡的な価格設定で営業するカレーショップ発見! ふくていのステーキカレーは600円だッ!!

おそらく、東京駅八重洲地下街にあるカレーショップアルプスは、日本でも屈指の安さでカツカレーを食べることができるお店である。私(記者)が2012年に訪れたとき、タイムサービスのカレーにカツをトッピングして、380円だった(記事執筆当時)。これを凌ぐコストパフォーマンスを誇るお店はなかなかないのではないだろうか?

ところが私は最近発見してしまった! これに匹敵するコスパを実現するお店を。しかも銀座という、日本でも屈指の高級店の立ち並ぶ街で。このお店「ふくてい」では、ステーキカレーを600円で提供している。ナニーッ!! ステーキカレーを600円だと!? ワンコインとは行かないが、それでも600円は安い! ということで早速食べてみた。

・ガード下の奥
お店は、JR有楽町駅と東京駅のちょうど中間辺りのガード下にある。店舗自体がガード下の奥の方にあるために、この界隈を良く知っている人でなければ、お店の存在さえ気付かないだろう。立地は良いとは言えないのだが、客足が絶えることはない。その訳はリーズナブルな価格設定にある。

・600円でステーキつきは有難い!
ここの売りはステーキカレー。600円という良心的価格で提供しており、これが看板メニューとなっている。値段から想像するに、そこまで良質な肉のステーキが出てくるとは思わない。しかし最近は、600円では普通のカレーさえ食えない店も存在する。そう思うと、ささやかでも肉がついていればぜい沢と言って良いだろう。

・出てくるのが早い
客層はサラリーマンが多いのかと思ったら、意外にも女性も利用している。やはり価格が魅力なのか、昼食代を節約したい人に支持されているようである。さて、本題のカレーなのだが、券売機で券を購入して席につくと、大して待つことなく提供される。推定で5分以内。忙しいサラリーマンのニーズに応じているのではないだろうか。

・肉質を問うな!
肉はステーキというには少々薄い。極力平たく切って、面積を稼ごうとしている雰囲気だが、なにしろ600円である。肉が食えるだけで、有難いとしなければならない。肉質は若干固めなのだが、とにかく肉を食えるというだけで良し! としよう。

・自分流にアレンジが良いかも
実はこのステーキの肉よりも、カレーのなかに入っていた角切りの肉の方がおいしかった。もしかしたら、サービスメニューのステーキカレーよりも、プレーンなカレーをオーダーして、トッピングに凝ればおいしいメニューを自分流に確立できるのかもしれない。トッピングも150~400円という価格帯なので、いろいろオーダーして自分の味を作るのもアリだ。

カレー好きは要チェック。自分なりのおいしいメニューを見つけるべし!

・今回紹介した店舗の情報
店名:ふくてい 有楽町本店
住所:東京都千代田区丸の内3-6-7
営業時間:平日11:00~23:00、土曜日11:00~21:00
定休日:日曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング