JR東日本が「東京駅開業100周年記念Suica」の再販方法を発表 / 駅窓口での販売は行わない・受付順ではないなど

ロケットニュース24 / 2014年12月23日 10時0分

JR東日本が「東京駅開業100周年記念Suica」の再販方法を発表 / 駅窓口での販売は行わない・受付順ではないなど

東京駅開業100周年記念Suicaの販売において混乱が起きた問題で、JR東日本は購入希望者のすべてが手にできるように増刷することを発表した。その発表が行われた当初、販売方法は未定だったのだが、新たに販売方法についてJR東日本のホームページに公開されたのでお伝えしたい。

・100周年記念Suicaの発売について

発売方法:インターネットおよび郵送の申し込み受付
申込み受付期間:2015年1月下旬から2週間程度(JR東日本ホームページより引用)

・1人3枚まで
販売枚数は1人3枚までで、1枚あたり2000円。この価格にはディポジットの500円が含まれている。注意しなければいけないのは、駅窓口での販売は行わないこと。そして、受付先着順ではないということである。申し込み方法については改めて発表されるとのことだ。

・スムーズに販売される
購入希望者のすべてが購入できるよう対応しているので、発売数に上限は設けられていない。これによりすべての希望者に、スムーズに販売が行われることになるのではないだろうか。

・これで騒動収束か
2014年12月22日時点で、「ヤフオク!」にはいまだに高値をつけている商品があった。しかし、年が明ければ確実に購入できるようになるので、詳しい申し込み方法が発表されるまで、待った方が良いと思われる。発売当初は混乱を招いたのだが、JR東日本の速やかな対応は評価に値するのではないだろうか。これで今回の一連の騒動も収束しそうである。

参照元:JR東日本ヤフオク!
執筆:佐藤英典
この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング