交際相手の心をつなぎ留めるために「ネットで陽性の妊娠検査薬が売買」される!! 場合によっては刑事責任に問われる可能性も

ロケットニュース24 / 2014年12月25日 16時0分

交際相手の心をつなぎ留めるために「ネットで陽性の妊娠検査薬が売買」される!! 場合によっては刑事責任に問われる可能性も

“恋は盲目” との言葉通り、人は恋愛にハマってしまうと理性や常識を失ってしまうことがある。愛する人を失わないためだったら、どんなことでもやってしまう人もいるのだ。

そんな恋に溺れた女性の心を逆手に取り、恋人の気持ちをつなぎ留めるための手段として、なんとネットで陽性の妊娠検査薬が売られているというだ! もちろんこれは違法行為で、場合によっては刑事責任に問われる可能性もあるのだ。

・陽性の妊娠検査薬をネットで売買
不動産や求人、イベント情報などが満載の米地域情報サイト「Craigslist(クレイグスリスト)」では、中古品などの売買も盛んに行われている。その内容はピンからキリまでだが、陽性の妊娠検査薬まで売られているというから驚きである。

・検査薬の使用目的は様々
例えば、オクラホマ州在住の女性は20ドル(約2400円)の値をつけて、「ホリデー期間中に、恋人の心をつなぎ留めておくのに助けが必要な人。陽性の妊娠検査薬を20ドルで販売しているのでメッセージを下さい」と、コメントを添えて広告を載せている。

しかも同じことを考えている人は他にもいて、西はカリフォルニア州から東はニューヨーク州に至るまで、全米各地で陽性の妊娠検査薬が売買されているのだ! 

・脅迫やイタズラに使用される妊娠検査薬
値段はおよそ15~50ドル(約1800~6000円)で販売され、購入の目的は人それぞれだという。既婚男性と不倫していて別れを切り出され女性が、購入した陽性の妊娠検査薬を相手に見せて、脅したり金銭を要求するために使用することもある。なかには、恋人を驚かせるイタズラに使ったり、“妊娠したから結婚してくれ” と迫る人もいるとのこと。

・場合によっては刑事責任を負わされることも!
法律専門家の話では、陽性の妊娠検査薬を販売した人が刑務所に行くことはないが、民事責任を問われることがあるという。そして、購入者が検査薬を脅迫や詐欺に使用した場合は、売った側も刑事責任を負わされる可能性があるそうだ。

そんな物をネットで売ろうと思いつく女性もどうかしているが、購入して悪用してしまう人がいるとは恐ろしい……。そもそも、陽性の妊娠検査薬でも使わなければ、つなぎ留められないような男性との恋愛にしがみつくこと自体が間違いではないだろうか。

参照元:YouTubeMail OnlineKCTV5 NewsFOX NEWS(英語)
執筆:Nekolas
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング