【私的ベスト】2014年に公開したもので記者がもっとも気に入っている記事5選 ~和才編~

ロケットニュース24 / 2014年12月30日 0時0分

【私的ベスト】2014年に公開したもので記者がもっとも気に入っている記事5選 ~和才編~

ロケットニュース24編集部員やライターたちが今年1年を振り返り、“自分の記事の中から自分なりのベスト5” 選ぶ『2014年私的ベスト』今回は私、和才のベスト5をお届けしたい。

あらかじめ断っておきたいが、ピックアップした記事の基準はあくまでも「自分がどれだけ気に入っているか」。早い話が、“自己満足している記事ベスト5” である。なので「ふ〜ん」という軽い気持ちで読んでいただければ幸いだ。

・第1位:『シティ・オブ・ゴッド』の世界! ブラジルのスラム街「ファベーラ」に入ってしまったらこうなった

私にとって、2014年最大のトピックスは、間違いなくブラジルへ行けたこと。目的はワールドカップの取材だったのだが、その滞在中、誤ってブラジルのスラム街『ファベーラ』に迷い込んでしまうことに……。

詳細は記事を確認して欲しいが、手元が震えて写真の多くがブレまくったことを、今もはっきりと覚えている。

第2位:【ブラジルW杯レポート第2回】レシフェ到着からチケットゲットまで / 到着後すぐに親切なブラジル人に何度も助けられる

第2位も1位と同じくブラジルネタ。ブラジルに入国した当初、私はビビりまくっていた。ブラジルの治安状況をイヤというほど聞いていたからだ。だがしかし……実際にブラジルに行ってみると、犯罪発生率からは分からないことが分かった。ザックリ言えば、ブラジルの人が、メチャクチャ親切だったのだ。そしてブラジルにいる間、何度もブラジル人に助けられることに。

それ以降、私はブラジルが大好きになった。日本に帰国してもGoogle Map のストリートビューでブラジルの街並みを見たり、「1カ月間ブラジルに行ける場合の旅行ルート」を勝手に練るほど、ブラジルにハマってしまった。私は今も「取材費が出るようなブラジルのネタは何かないか?」と秘かに探している。

第3位:「チームで信頼関係を築くためには男性の “アレ” が重要」と研究者が主張 / ビッグサイズからは仲間意識も

申し訳ない。1位と2位は本気のリアルレポートなのに、3位は単なるシモネタである。調査を行った博士は「研究成果だ」と主張するかもしれないが、どうひいき目に見ても、シモネタだ。

この調査結果の記事は、特に「チーム内でどうやって信頼関係を築けばいいのか?」と悩んでいる人に是非読んで欲しい。役に立つかどうかは分からないが……。

第4位:【勝手に都市伝説】W杯の試合結果を事前に把握する方法があった / ブラジルW杯・ドイツ対ブラジル戦のスコアと “あるもの” の奇妙な一致

4位も3位同様、読んでも役に立つかどうかは分からない。いや、はっきり言えば、役に立つ訳がない。PV(ページビュー)的にも全くパッとしなかったのだが、書いた後に妙な満足感があった。「全く役に立たないから、どのサイトも絶対に真似しないだろう」という気持ちである。

第5位:「セクハラ巻」に「ソープランド巻」……名古屋にある寿司店『丸八寿司』のメニューが斬新すぎる件 / 一度は足を運びたい寿司界のパイオニア

5位もシモネタだ。本当はグルメネタなのに、シモネタになってしまった。しかしあえて言わせてもらえば、その原因は私以上に店側にある。お店が、常識に全くとらわれない、柔軟な発想を持っていたからだ。お店のチャレンジ精神に敬意を込めて、この記事を5位にさせてもらった。

──以上である。

いかがだっただろうか。個人的な反省点は書ききれないほどあるが、私にとって2014年は、ロケットニュース24で本格的に記事を書かせてもらえた年であり、実り多い一年であった。

来年はどんな年になるのだろうか。今から楽しみなようでもあり、怖いようでもある。とにかく私は何が起こってもいいように、今年大活躍した「赤フンドシ」を洗濯して、職場の机の引き出しの中に潜ませている。2015年に向けた準備はこれで完璧だ。

参照元: Mail Online(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング