肉うどんのうどん玉抜き! 「肉吸い」発祥の店『千とせ』に行ってきた / 多くの芸人さんに愛される店

ロケットニュース24 / 2015年1月5日 12時0分

肉うどんのうどん玉抜き! 「肉吸い」発祥の店『千とせ』に行ってきた / 多くの芸人さんに愛される店

大阪名物と言えば、「お好み焼き」や「たこ焼き」「串カツ」あたりが有名だ。この3つは、“観光客がほぼ必ず食べるBig3” と言えるかもしれない。今回は、 “Big3” ほど知られているワケではないけれど、紛れもなく大阪発祥であり、ある意味で何よりも大阪らしいグルメをご紹介したい。

それは肉吸い(にくすい)。現在は全国でも食べられるようになったので、関西在住でなくても知っている人は多いだろうが、肉吸いとは、簡単に言うと肉うどんのうどん玉抜き。うどんなのに、うどん玉が入っていないのだ。その発祥の店、『千とせ』(ちとせ)に行ってきたので、肉吸いが生まれることになったエピソードと合わせてご紹介したい。

・一見どこにでもあるうどん屋さんだが……

『千とせ』は、お笑いの聖地『なんばグランド花月(NGK)』から歩いて数十秒ほどの場所にある。外観は一見どこにでもあるうどん屋さん。だがしかーし、このお店は今や飲食店の枠を越えて、観光スポット化しているうどん屋さんなのだ。

その理由は、先述の通り肉吸い発祥の店として有名だから。そしてもう1つが、 “多くの芸人さんが愛した店” として知られているからである。肉吸いが誕生するきっかけも、ある芸人さんが関わっていると言われている。

・有名芸人の二日酔いがきかっけ
その芸人さんとは、花紀京氏。古いお笑いファンなら知っているだろうが、元吉本新喜劇の座長であり、チャーリー浜さんや間寛平さんの師匠としても知られている人物だ。

その花紀京さんが、NGKの舞台前に『千とせ』を訪れ、「肉うどん、うどん抜きで」と注文したことから、肉吸いが生まれたらしい。ちなみにその日、花紀京さんは二日酔いのため、軽いものが食べたかったそうだ。

そしてその後も『千とせ』は数多くの芸人さんに愛され続け、例えばダウンタウンの浜田雅功さんはよくこの店を訪れていたとのこと。

・お店は大人気
そんな歴史がある『千とせ』を私(記者)は過去に何度も訪れているが、店の前にはいつも行列が出来ていた。最近、私が伺った時にも10人ほどが店の外に……。だが「10人程度は行列とは言わないぜ! アレに比べれば!!」と思い、私はそのまま並んだ。

店の中に案内されたのは約15分後。店内はお世辞にも広いとは言えない。いかにも下町のうどん屋さんといった雰囲気で、相席は当たり前だ。注文したのは、もちろん肉吸い、そして大玉(卵かけご飯の大)。なお、肉吸いを注文する場合は、卵かけごはんとのセットがおすすめ。小玉と大玉があるので、お腹の空き具合に合わせて選ぼう。

・何杯でもいけそうな味
で、肝心の味だが、これが文句なしにウマい! 一杯の肉吸いの中に多くの牛肉が入っているものの、全くアクがなく、カツオと昆布でとった関西風の出汁と完璧マッチング。トロっとした半熟卵とシャキシャキの青ネギも、素晴らしい脇役っぷりだ。とにかく、ダシ、牛肉、半熟卵、青ネギのバランスが絶妙で、何杯でもいけそうな味である。

そもそもうどん玉がなくても商品になる、そして人気を集めている、それだけでこのお店のダシのクオリティがうかがい知れるというもの。もし『千とせ』が近所にあれば、私なら少なくとも週3で通うだろう。

・売り切れ次第終了
そんなわけで、「『千とせ』の肉吸いを知らなかった!」という人には、是非とも足を運んで自分の舌で味わって欲しいが、このお店の営業時間はそれほど長くない。14時30分までで、売り切れ次第終了だ。また行列に並ぶことはほぼ確定なので、そのあたりを見込み、時間に余裕を持って訪れよう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 千とせ(ちとせ)
住所 大阪府大阪市中央区難波千日前8-1
時間  10:30~14:30(売り切れ次第終了)
休日 火曜日

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング