【東京23区】ゲームファンが選ぶ「ゲームのような生活を送れる区」ベスト5 / ゲーム好きならココに住め!

ロケットニュース24 / 2015年1月7日 20時0分

【東京23区】ゲームファンが選ぶ「ゲームのような生活を送れる区」ベスト5 / ゲーム好きならココに住め!

2015年に入り、来年からは新生活で引っ越しを検討している人も多いだろう。今回はそんな人たちに贈る「ゲームのような生活を送れる区」ベスト5をご紹介したい。

ゲームのような斬新な体験をしつつ、退屈のない生活が送れる東京の23区はココ! と自信を持ってゲーム通におススメされた区は以下のとおり! ぜひ参考にしてくれ!

【5位】杉並区:ときめきメモリアル(コナミ)
「非常にハイソな共学の高校や大学が多い杉並区に住めば、ときめきメモリアルのような甘酸っぱい青春を楽しむことが可能。ただしアナタが学生でない場合は、そういう目的で学校周辺をうろついていると単なる変質者になる可能性もありますので、絶対に止めましょう。」

【4位】豊島区:クーロンズゲート(ソニー・ミュージックエンタテインメント)
「豊島区を代表する駅、『池袋駅』の北口あたりの “池袋チャイナタウン” はまるでプレイステーションの名作ゲーム『クーロンズゲート』のような世界。駅前でもマンションのなかでもココは中国かと錯覚するぐらい中国語が飛び交っていますので、将来アジアを制したいという意識の高い人には非常におススメです。」

【3位】練馬区:アストロノーカ(スクウェア・エニックス)
「とにかく畑! 畑! 畑! 土地の1割弱が畑の練馬区では、四季を通じてさまざまな作物を見ることができます。それはまるで多種多様な野菜を育てるゲーム『アストロノーカ』のよう。無駄にデカい練馬大根を見たときに “これが究極巨大練馬大根か!” と思うようになったら、プロ練馬区民を自称してOKです。」

【2位】新宿区:龍が如くシリーズ(セガ)
「新宿歌舞伎町周辺は、まさにセガの名作ゲーム『龍が如く』の世界。もし怖いお兄さんに事務所に連れて行かれそうになったら、全速力で逃げましょう。ゲームと違ってコンティニューはできません。アナタのライフは生まれてから死ぬまで残り一つなのです。」

【1位】足立区:グランド・セフト・オート シリーズ(Rockstar Games)
「Rockstar Gamesの超名作ゲーム『グランド・セフト・オート』シリーズは、足立区を題材にして欲しいという声も少なくない超エキサイティングなゲーム。常識では考えられないゲーム的な体験をしたいなら、ヴァイスシティならぬ足立区へGO! ただしリアルでGTAのように自動車を泥棒したらオマワリさんに捕まってしまいますので、周りがアレでも自分だけは常識的な行動をこころがけてください。」

執筆:なかの
Photo:Rocketnews24.
この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング