【エナジー飯】とろろ食べ放題の「浅草むぎとろ」で生命の息吹を感じろ!! 精力増強間違いなしだ!

ロケットニュース24 / 2017年7月18日 7時45分

写真

【エナジー飯】とろろ食べ放題の「浅草むぎとろ」で生命の息吹を感じろ!! 精力増強間違いなしだ!

エエエエエンナァアアアアアアジィイイイーーーーーッ! 俺の名は「リヴァースエナジーマン」。飲み物で安易にエナジーを補給しようとする、腰抜けの「エナジーマン」とは違う。元気の源を “食ってエナジー補給” する、真のエナジー戦士だ。

ここのところ暑い日が続いている。どう見ても、もう夏到来だろう。元気がなければ夏を乗り越えることができない。そこで紹介したいのは、精力増強・滋養強壮に効果が高いと言われる「とろろ」食べ放題のお店だ。ネバネバを食って、身体のなかからエナジィイイイイッアーーーーップ!!

・創業90年の老舗
お店は東京・浅草にある。浅草というと、美味しいお店がいろいろあるが、ここ「浅草むぎとろ」は外すことができない。その名の通りに、麦飯&とろろが売りのお店で、創業は1929年。90年近く営業を続ける老舗中の老舗だ。

頼むメニューはもちろん、むぎとろバイキング(とろろ三昧)。麦飯&とろろで2000円は高いじゃねえか! そう思った人もいるかもしれないが、ちょっと待て! 麦飯&とろろ三種に惣菜、デザートが食べ放題、ソフトドリンクが飲み放題。

さらに屋上席で隅田川を一望できることも考慮に入れて欲しい。これらを踏まえて2000円なら決して悪くないはずだ。スカイツリーも丸見えだぞ、丸見え!

・メインはあくまでも麦飯&とろろ
食べ放題はすべてセルフサービス。この日は、うどんに漬物、漬けマグロに長いもとろろ。ナスの煮びたしに鶏大根、玉子焼き、しじみのみそ汁などが用意されていた。見た目は地味だが味はしっかりとしており、腕のある職人の味であることがわかる。とはいえ、これらはおかず。メインはあくまでも麦飯と……。

とろろだ。こちらのお店では、味付とろろと胡麻とろろの2種が用意されていた。麦飯もとろろも90分食べ放題だから、存分にエナジー補給をするがいい。

お玉でとろろをすくってみると、強い粘りを感じる。おお! これぞ生命の息吹。まさしくエナジーそのものである!! 力強いぞ。私の血と肉、そして精力の源となれ!

・エナジー食、とろろを堪能
慌ただしくおかずやご飯を盛り付けて、膳の完成。ネバネバをとことん楽しもう。

まずは胡麻とろろで1杯目。とろろでありながら、胡麻の味がとても強い。まるで液状の胡麻豆腐を食べているようだ。サラリと平らげてすぐさま2杯目に。

味付とろろは、柔らかな醤油の風味と昆布だしの旨味が効いている。麦飯との相性がとても良く、できれば酒のつまみにしたいくらいだ。とろろをつまみに冷酒飲んだらウマいだろうなあ~。

・限界突破!
美味しい楽しみ方はまだあるぞ。惣菜として用意されていた山形だしを とろろに加えてもグッド!

ネバネバ + ネバネバで、エナジーの限界突破! ズルリとすすると、小宇宙(コスモ)がスパークするような美味しさを感じる。これだ! 五臓六腑に浸みわたるとは、このことである。

8月を前に早くも暑さに疲弊している人は、今すぐに行け! そしてとろろのネバネバで元気を取り戻すのだ。ではまた! 私の名はリヴァースエナジーマン。覚えてくれよな! エエエエエンナァアアアアアアジィイイイーーーーーッ!

・今回訪問した店舗の情報
店名 浅草むぎとろ 本店
住所 東京都台東区雷門2-2-4
営業時間 11:00~15:00、17:00~22:30 / 土日祝11:00~22:30
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング