1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

性的暴行罪で収監中の元大物プロデューサー、有罪判決に控訴

Rolling Stone Japan / 2021年4月15日 6時45分

2020年2月24日、米NY州マンハッタンの法廷に出廷したハーヴェイ・ワインスタイン被告 。(Photo by Seth Wenig/AP)

米ハリウッドの大物プロデューサーとして過去に悪行を繰り返してきたハーヴェイ・ワインスタイン被告が、2件の軽性犯罪で有罪となった2020年の判決に異議を申し立て、控訴した。ニューヨーク・タイムズ紙が報じている。

ニューヨーク州最高裁判所に提出された控訴状は、ワインスタイン被告を告発者した数人の証言が本来認められるべきではなかった、という主張を中心に展開している。裁判の発端となった2人の被害者、ミミ・ハレイさんとジェシカ・マンさんの証言の他に、検察側の証人として4人の女性――アナベラ・シオラさん、ドーン・ダニングさん、タレル・ウルフさん、ローレン・ヤングさん――が陪審の前で「過去の悪行」を証言し、ワインスタイン被告の性的暴行のパターンを詳しく語った。

被告弁護団は、ダニングさん、ウルフさん、ヤングさんの証言が被告の起訴内容から不当に関心を逸らし、代わりに本裁判で告発されていないことに光を当てた、と主張。90年代にワインスタイン被告からレイプされたとするシオラさんの証言も問題視している。ただし陪審は、シオラさんの証言が裏付けとなるはずだった2件の略奪的性的暴行罪では最終的に無罪を言い渡した。

「簡潔に言えば、検察はワインスタインの行為ではなく、人格を裁判にかけた」と控訴状には書かれている(ローリングストーン誌のコメント依頼に対し、ワインスタイン被告の弁護を務めるアーサー・アイダラ氏から返答はなかった。マンハッタン地区検事局サイ・ヴァンス検事の広報担当者は、「裁判所に書面で返答する」と答えた)。

ウルフさんとその他6人の告発者(ただし今回の裁判には参加していない)の弁護士をつとめるダグラス・ウィグダー氏も声明を発表した。「ハーヴェイ・ワインスタイン被告の刑事控訴は、バーク判事のもとで行われた公平な裁判と、理性的で思慮深い陪審の判断を覆そうとする被告側の無謀な試みです。たとえ控訴しても、彼の有罪と懲役は変わらないと確信しています」

控訴の理由としては、ウォールストリートジャーナル紙がいう「過去の悪行」の証言に加え、陪審員の1人がワインスタイン被告に偏見を持っていたこと、その陪審員が陪審員選任手続きの際に、自分が書いた自叙伝は若い女性と「略奪的な年上男性」との恋愛関係を描いたものではない、と言って弁護士を誤解させたことが挙がっている。さらに被告弁護団は、証人を呼んで検察側の証人に反証しようとしたが、判事から不当に禁じられたとも主張している。そうした証人の1人は、女性はレイプをでっちあげたりしない、レイプの記憶は決して消えない、と言う精神科医の証言や、ワインスタイン被告の捜査に加わり、被告から性的暴行を受けたと嘘をついたとおぼしき女性の取り調べを行ったニューヨーク市警察の刑事の証言に反論するはずだった。


ロサンゼルスでの公判は開始の見通しが立っていない

ワインスタイン被告はニューヨークで起訴された5つの罪状のうち2つで有罪判決を言い渡されたが、彼の略奪行動パターンを立証するはずだったもっとも重い罪、略奪的性的暴行罪では無罪となった。それでもワインスタイン被告は懲役23年を言い渡された。

ワインスタイン被告から性的暴行を受けたと告発していた約40人の女性は今年1月、被告に対する集団訴訟を担当していた破産裁判所と1700万ドルの和解金で合意した。ワインスタイン被告はロサンゼルスでも複数の性的暴行およびレイプに問われているが、公判開始時期はいまだ不明。引き渡しの審問会は4月に予定されている。

【関連記事を見る】性的暴行容疑で起訴されたハーヴェイ・ワインスタイン「無理やりしたことは一度もない」

from Rolling Stone US

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング