1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 音楽

BLACKPINKのLISAが語る、ソロ活動とBLINKへの想い「自信を持って堂々と生きよう」

Rolling Stone Japan / 2021年9月27日 19時0分

BLACKPINKのLISA(Courtesy of YG ENTERTAINMENT)

「LALISA」のミュージックビデオが公開から13日で再生回数2億回を突破、K-POP女性ソロアーティスト最短新記録を塗り替えたBLACKPINKのLISA。Rolling Stone Koreaによるロングインタビューを完全翻訳でお届けする。

【画像を見る】BLACKPINKのLISA(全6点)

BLACKPINKのソロ・プロジェクトは続く。3番目の主人公はLISAであり、自身の名前を掲げた野心に満ちたプロジェクトだ。BLACKPINKは既に全世界で大きな名声を得ているが、大衆はジェニーとロゼのソロプロジェクトを経験し、ずっとBLACKPINKのメンバー全員のソロプロジェクトを期待していた。そのためだろうか。LISAの初のソロシングルである『LALISA』は、このような大衆の期待に応えるかのように記録的な初動売上を記録し、その勢いを保っている。Rolling Stone Koreaがこの機会を逃すはずがない。 K-POPの世界で誰も知らないはずがない、自信満々の彼女にソロシングルについて話を聞いてみた。



ーこんにちは、LISAさん! Rolling Stone Koreaとのインタビューを通してお会いできて嬉しいです。本格的なインタビューに先立って簡単な紹介と挨拶をお願いします。

LISA:こんにちは、Rolling Stone Koreaの読者の皆さん! LISAです。私の初ソロシングル『LALISA』と一緒にお会いできて嬉しいです。

ーソロ・デビューの知らせを聞いた時、どんな思いでしたか。 BLACKPINKのメンバーたちと一緒にステージを飾るのではなくソロとしてステージを準備することで、大衆にお見せしたかったものはありますか?

LISA:実は最初は信じられませんでした。ダンスの練習をする時まで、実感が湧かなかったんです。ずっと「これ、本当なの?」って思っていたんです。それがMVの撮影に入って、少しずつ実感出来るようになりました。私の初めてのソロ・ステージをお見せすることを考えると、毎日ワクワクしました。今回のシングルで、私という人間が何者なのかちゃんとお見せしようと思って。それで、スタイリングからシングル製作の過程まで積極的に参加しました。胸がいっぱいですね(笑)。



ー今回のタイトル曲である「LALISA」と収録曲「MONEY」で、より躍動的な音楽を披露しましたね。LISAさんにとって今回のシングルの鑑賞ポイントはどんな部分ですか?

LISA:2曲とも強烈なヒップホップをベースとしていて、エネルギーをたっぷり感じられると思います。私は普段ファンの皆さんに「自信を持って堂々と生きよう」という言葉をよく言うのですが、タイトル曲「LALISA」と繋がる部分だと思います。このメッセージを音楽で伝えたかったです。また繰り返される「LALISA」という単語が中毒性が強いので、楽しく聴いていただけると思います。「MONEY」は私が好きなダンスとラップ、両方とも楽しめる曲です! 皆さんも一緒に楽しんでいただけたらいいなと思います。

ーでは、今回のタイトル曲「LALISA」を初めて聞いた時、どんなイメージが思い浮かびましたか?

LISA:堂々として派手な感じ?(笑)。”私の後ろ姿だけ見ても分かるでしょ”という歌詞があるんですが、この部分が一番好きです。歌う度、息を吐き出す瞬間におのずと自信が充電される感じがするんです。「LALISA」という曲を表現するのにぴったりのエネルギーを引き上げることもできます。

BLINKの愛が「最高の武器」

ー今回のシングルの制作もプロデューサー、TeddyとBekuh BOOMと共にしましたね。デビュー・アルバムから今まで、一緒に音楽的な共感を交わした経験がどのように感じられますか?

LISA:長く息を合わせてやってみると、互いの長所が何なのかがわかります。なので、今回はより多様で深い話をたくさん交わすことが出来たと思います。私がアイデアを出すと、Teddyさんも一緒に共感してくださったし、おかげでより良い結果が出たと思います。



ー今回のシングルに伴い、初のソロ・デビューのステージをアメリカNBCの「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」で披露しましたね。ソロ活動でアメリカ最高の人気トークショーを通してステージを輝かせたLISAさんの感想を聞きたいです。

LISA:光栄でした。メンバーたちと一緒に上がったステージに一人で上がるのは少し緊張しましたが、その時の幸せだった記憶を思い浮かべながら、「出来る!」と自らに注文をかけました。たくさんのファンの方達が楽しんでくれたらいいです。



ー幼い頃から、ダンスをしてきましたね。BLACKPINKの中ではメイン・ダンサーを担っていますが、やはり体をよく使う仕事なので地道な管理も必要だと思います。特に気を使う管理法はありますか?

LISA:休まずパフォーマンスのスケジュールが入っているので、パワーを維持し続けてこそ完璧なステージをお見せ出来るじゃないですか。なので、体力管理にも力を入れています。運動は毎日のようにしています。ピラテティスも地道にやりながら柔軟さも失わないようにしています。

ーK-POPを愛するたくさんの大衆が、LISAさんに「舞台の天才」というニックネームを付けてくれましたね。ステージを準備し、自らが考える自分だけの武器と、そのために努力する方法があるとすればどんなものでしょうか。

LISA:BLACKPINKとして活動しながら、本当に多くの音楽ジャンルに接し、有難くも多くのアーティストと制作を出来る機会がありました。この経験のおかげで私が本当に好きでうまく出来ることが何なのか知ることが出来ました。何より一番大事なのはやっぱりファンの方達です。BLINKが送ってくれる愛と歓声を思い浮かべることだけでも、たくさんの力を貰えます。それが私の最高の武器です。

日常から幸せを探す秘訣

ー忙しいスケジュールの中でも、写真を撮ってフォトブックを出しましたね。2つのフォトブックの中で一番好きな写真があるとしたらどの写真でしょう?

LISA:フォトブックに入っている写真全部私が選んだので、全部愛情でいっぱいですが、う〜ん、一番好きな写真はやっぱりフォトブックのカバーの写真ですね! ゴールド・バージョンでは私も初めてやってみた、前髪をなくした姿です。BLINKのための特別なプレゼントです。ブラック・バージョンは私が好きなニット帽を被っている写真なのですが、かっこいいと思うので気に入っています。

ーステージを楽しむことが一番重要だと言及したことがありますね。大変だった練習生生活も楽しく過ごしたほど、どんな時も幸せを見つけようとしているようですが、日常から幸せを探すLISAさんだけの秘訣があるとしたら何でしょう?

LISA:私はストレスを受けてもすぐに解消するタイプなので、毎日幸せです(笑)。猫たちと時間を過ごしながら、いっぱい癒されるように過ごします。そしたら一日一日がとても幸せです。



ーそれでも人間なら誰でも疲れる瞬間があるじゃないですか。そんな時にLISAさんを充電してくれるのは何でしょうか?

LISA:家族とBLACKPINKのメンバーたち、そしていつも惜しみない応援をしてくださるファンの方々です。 私が今日より明日、より一生懸命に頑張れる力をくれる存在たちです!いつも一緒にいてくれて、本当にありがとうございます。

ソロ活動への自信と責任感

ー女性ソロ・アーティストの売上記録を作っただけでなく、アメリカ、中国、ヨーロッパなどグローバルな影響力もとても高いですね。大衆が考えるLISAと自分が考える自身の強みはどんな部分が似ていたり、違っていたりすると思いますか?

LISA:今までBLACKPINKが歩んできた道をよく見てくれたんだと思います。それだけ私を信じてくださっているということですから有難いです。なので、より大きな責任感と肯定的なエネルギーをお伝えしようと努力しています。『LALISA』は堂々としていて自信に満ちています。これは私のシングルのコンセプトであるだけでなく、私への、そして同時にファンの方達へのメッセージでもあります。私たち皆が自分を愛せることを願います。



ーここまでRolling Stone Koreaと長いインタビューに応えてくれて有難うございました。インタビューを通してLISAさんについてより知ることが出来る時間でした。最後に簡単なインタビューの感想と最後の挨拶をお願いします!

LISA:ファンの皆さんと一緒に楽しみたい気持ちで一生懸命作ったシングルなので、楽しんでいただけたらいいなと思います。たくさんの関心と愛をお願いします(笑)。

Photos Courtesy of YG ENTERTAINMENT

From Rolling Stone Korea

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング