氷いらずで-20℃まで冷やせるクーラーボックスってすごすぎる…その上、温めもできるなんて!

roomie / 2019年6月17日 14時0分

写真

氷いらずで-20℃まで冷やせるクーラーボックスってすごすぎる…その上、温めもできるなんて!

夏はクーラーボックスの氷が溶けてしまうし、冬は温めていたコーヒーが冷えてしまう。

アウトドアでの温度調節って、やっぱり難しい。

その両方を解決するクーラーボックスを見つけました。

これは、「クーラーボックス」や「冷蔵庫」の常識が覆るぞ!

加熱も冷蔵も冷凍も!



「BCD15/32+」は、加熱・冷凍機付きのポータブル冷温庫。

バッテリー駆動なので氷や電源コードも不要で、-20℃から55℃まで冷却・加熱ができちゃうんです!

加熱モードは15度から55度まで設定が可能で、例えば、哺乳瓶などを適温で持ち歩くこともできそうですよ。

すぐれた冷却力



冷却ガスを圧縮して循環させるコンプレッサー式が採用されており、高い冷却力が特徴なのだとか。

出先で食材を追加することになっても、温度をスピーディーに下げ、あっという間に冷蔵・冷凍できるんですって。

例えば、庫内温度が34℃だった場合、20分程度で0℃まで冷やすことができます。

-20℃まで冷やす場合でもかかる時間は50分ほど!



電源を切った状態でも約6時間の保冷が可能なので、クーラーボックスとしても活躍してくれます。


Poweradd ミニ冷温庫 室内車載両用 季節を問わず 保冷保温両用 冷蔵温度:環境温度以下約15℃ 温蔵温度:50±10℃ AC-DC電源変換アダプターが付き 小型7L(ブルー)【2年間安心保障】



関連商品: Poweradd ミニ冷温庫 室内車載両用 季節を問わず 保冷保温両用 冷蔵温度:環境温度以下約15℃ 温蔵温度:50±10℃ AC-DC電源変換アダプターが付き 小型7L(ブルー)【2年間安心保障】


¥5,999 Amazonで見てみる






使いやすさへのこだわり



車や船での搭載を前提に耐震に優れた設計になっているので、走行中の振動も問題ナシ!

温度調整のボタンはかなりシンプルなデザインで、簡単に扱えそうな予感。

さらにLEDライトを搭載しているので、暗いところでも問題なく使えちゃうんです。

夜のたき火なんかでも活躍してくれそう~!



15Lは缶なら約22本、500mlのペットボトルは14本、750mlのワインなら6本、32Lの方は缶なら約38本、ペットボトルは22本、ワインは12本と収納力もバツグン!

その割にコンパクトなので、車のトランクにも安心して入れておけそうです。



現在、クラウドファンディング「GREEN FUNDING」にて資金調達中で、すでに目標額の645%を達成している大注目のアイテム。

これがあれば真夏も真冬も怖いものなしだな〜!


加熱・冷凍機付きのポータブル冷蔵庫「BCD15/32+」 [PRTIMES]


あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/06/529998/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/06/529835/"]


Bonarca 車載用 冷蔵冷凍庫 15L -20℃~20℃まで温度設定可能 2WAY電源対応 アウトドアや緊急時の車中泊にも活躍



関連商品: Bonarca 車載用 冷蔵冷凍庫 15L -20℃~20℃まで温度設定可能 2WAY電源対応 アウトドアや緊急時の車中泊にも活躍


¥16,800 Amazonで見てみる

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング