保温性と防水性も高いブランケットなら、寒い季節に室内でもアウトドアでも活躍しそうだぞ

roomie / 2020年10月21日 18時0分

写真

保温性と防水性も高いブランケットなら、寒い季節に室内でもアウトドアでも活躍しそうだぞ

10月も下旬になると、朝晩冷えるようになってきましたね。

そろそろ、秋冬シーズンの寒さ対策を本格化したいところです。

そこで今回は、高い保温性と防水性を備えたブランケットをご紹介します。アウトドアでも役立ちそうですよ。

防水性と保温性をあわせもったブランケット

zwidth="600" class="mt-image-none" style="" />Image: Amazon.co.jp

FUNDANGOの「ブランケット 収納ポーチ付」の表地は、210Tポリエステルで撥水性や耐久性に優れているそう。

このTは「タフタ」と読み、数字は「1平方インチ内の、縦横合わせた繊維の本数」を表し、数字が大きくなるほど厚さが増します。

そして、裏地は高密度なフリース生地で、防寒性や保温性が高くなっているそうです。

小さくたためて、持ち運びが楽

zwidth="600" class="mt-image-none" style="" />Image: Amazon.co.jp

「ブランケット 収納ポーチ付」を展開したときのサイズは、縦147cm x 横208cmで、重量は980g。

また、クルクルと丸めて付属のポーチに収納することが可能。長さ40cm × 直径16cmほどのコンパクトサイズになります。

これなら、キャンプなどのアウトドアに出掛ける際も持ち出しやすいですね。それに、丸めたままで簡易クッションにするのも良さそう。

細部まで使い勝手の良さが考えられたデザイン

zwidth="600" class="mt-image-none" style="" />Image: Amazon.co.jp

しかも、体に巻いてから首元のボタンを掛ければ、マントのように羽織れます。使用中にずれにくくなるので、暖かさをキープしやすいですね。

zwidth="600" class="mt-image-none" style="" />Image: Amazon.co.jp

そのうえ、スマホなどを入れられる、ファスナー付きポケットもついており、ブランケットをかぶったまま移動するときも便利そう。

zwidth="600" class="mt-image-none" style="" />Image: Amazon.co.jp

ちなみに、Amazonのレビューでは、「広げても大きいので2つ折りにしてハーフケットとして利用しています」や、「コンパクトにまとまり、これから、冷え込む季節に車でいくキャンピング、ドライブにはピッタリ」という高評価の投稿がありました。

「ブランケット 収納ポーチ付」があれば、室内でもアウトドアでも、ちょっと寒さを感じたときに手軽に体を暖められそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/413rJzn7ZkL.jpg" alt="FUNDANGO ブランケット 毛布 フリース 147×208cm 大判 マルチケット ひざ掛け 掛け布団 コンパクト キャンプ 登山 テント アウトドア 防寒 シート代わり 車中泊 暖かい 厚手 エアコン対策 春夏 秋 収納ポーチ付 3カラー">



FUNDANGO ブランケット 毛布 フリース 147×208cm 大判 マルチケット ひざ掛け 掛け布団 コンパクト キャンプ 登山 テント アウトドア 防寒 シート代わり 車中泊 暖かい 厚手 エアコン対策 春夏 秋 収納ポーチ付 3カラー


¥3,050 Amazonで見てみる






FUNDANGO「ブランケット 収納ポーチ付」 [Amazon]

あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/10/664255/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/10/665314/"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング