気づいたら3時間経ってた…。 編集部員オススメの漫画6選〜vol.1

roomie / 2021年2月11日 11時0分

写真

気づいたら3時間経ってた…。 編集部員オススメの漫画6選〜vol.1

ミニマリストが奈良時代へ
副編集長・鈴木のおすすめ作品

Image: Amazon

ミニマリストの主人公が、奈良時代へタイムスリップ。モノが少なく、現代よりも快適な生活を送る、というギャグマンガです。

質素な生活を求める主人公のキャラクターがとても魅力的で、何をやってもおもしろい。

官位が上がってしまってモノが増えていくと不機嫌に。スッキリすると生き返るような笑顔に。

奈良時代の人と違和感なく会話するテンポ感もよく、読みやすいマンガです。まだ3巻までしか出ていないからすぐに追いつけますよ。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/51EFTteMnJL.jpg" alt="あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)">



あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)


¥660 Amazonで見てみる





漫画が苦手だったのにドハマりしました
編集部員・松崎のおすすめ作品

Image: Amazon

初めに言いますが、漫画・アニメの分野に非常に疎く割と読むのも苦手なんです。理由は、登場人物の名前が覚えられず、話の展開についていけないから。

そんな私でも2020年に周りが驚くほどドハマりしたのが『進撃の巨人』。

登場人物を覚えられないくせに『進撃の巨人』です。

驚きの設定や話が進むごとに増すドキドキとワクワク、展開の多さに混乱して、「いまどこで何が起こっているの?」と理解するための図を描いてしまうくらい、のめり込んでいました。

つい先日33巻が発売され、4月には最終巻の34巻が発売予定ですが、周りの漫画が苦手な子に勧めると、すでにハマっていたので、じつは漫画初心者には読みやすいのかもしれません。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/51VTumvv-jL.jpg" alt="進撃の巨人 コミック 1-32巻セット">



進撃の巨人 コミック 1-32巻セット


¥17,559 Amazonで見てみる





主人公よりも魅力的な脇役から目が離せません
副編集長・花﨑のおすすめ作品

Image: 楽天

『キャプテン翼』は、Jリーガーだけではなく、海外のプロサッカー選手にも大きな影響を与えている名作です。

主人公の翼くんはもちろん、そのまわりにいるライバルやチームメイトも魅力的。

個人的には、翼くんの相棒である岬くんは、当時、小学生のぼくにとってはマラドーナに次ぐ憧れのサッカー選手でした。

特別な大技は持ち合わせていませんが、華麗なテクニックと冷静な状況判断力、そしてまわりに合わせるやさしいプレイが光る選手でした。

作品を通して、好きなことに対する姿勢、勝負への執着、友情などいろんな側面を描いているので、サッカー好きではなくてもぜひ!


src="https://m.media-amazon.com/images/I/21D0BTD9DWL._SL500_.jpg" alt="キャプテン翼 1 (ジャンプコミックス)">



キャプテン翼 1 (ジャンプコミックス)


¥484 Amazonで見てみる





熱くて泣ける直球ストレート、ど真ん中
編集部員・ちゃなまるのおすすめ作品

Image: Amazon

世代ではありませんが、おもしろいという噂を耳にしていたので、読んでみたらブリバリ最高でした。

主人公の拓ちゃんは元々パシリだったのですが、1人のめっちゃ強い族の頭との出会い、自分も強くなろうと決意をします。

そこからドエレーCOOLな横浜、湘南、横須賀の暴走族チーム達が抗争を繰り広げていきます。

毎巻とんでもないことが起こるので、27巻ありますが全然飽きません。

はじめは少し斜に構えて、ニヤニヤ読んでいましたが、どんどん心に響いてくる、熱くて泣ける直球ストレート、ド真ん中の読み応え。

ほとんどのセリフがパンチライン! 単車やヤンキー漫画が苦手という人でもハマると思います。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/616aRhbFlwL.jpg" alt="疾風伝説 特攻の拓(1) (ヤンマガKCスペシャル)">



疾風伝説 特攻の拓(1) (ヤンマガKCスペシャル)


¥1 Amazonで見てみる





まるで「読むアルコール」?
編集部員・田口のおすすめ作品

Image: Amazon

酔ったときにその人の本性があらわれるのなら、その姿を見せる相手とは一体どんな存在なのか。もしかしたら、いつも決まって飲みに誘う相手というのは、自分が思う以上に大切な人なのかもしれません。

この漫画の主人公である上伊那ぼたんと砺波いぶきも、ある事情から周りに隠れて杯を交わす不思議な関係を築きますが、物語が進むごとに、その関係は友情とも恋愛とも言えないような、ややこしいものへと変化していきます。

清い見方をすれば、女子ふたりがいろんな場所でお酒を飲んでいるだけなのに、なんだかそれがイケないものを覗いているような気になってきて、ページをめくる指がとまらなくなる。

「読むアルコール」と呼ばれるほど中毒性のあるこの漫画、ぜひハマってみてください。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/51DyYTzWanL.jpg" alt="上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花(1) (ヤングチャンピオン・コミックス)">



上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花(1) (ヤングチャンピオン・コミックス)


¥660 Amazonで見てみる





90年代のリアルなアンダーグラウンドカルチャー
編集部員・谷田貝のおすすめ作品

Image: Amazon

『少年イン・ザ・フッド』は、「ヒップホップ何でも屋」を称するGhetto Hollywoodさんによる作品。

団地に住む少年が謎のDJやグラフィティライターとの出会い、成長していく姿を描いています。少年が生きるのは現代(2019年)なのですが、他の登場人物を通して描かれるのは、1996年のグラフィティやミックステープなどのヒップホップカルチャー。

私自身1997年生まれなので、90年代のカルチャーをリアルタイムでは触れていませんでしたが、この漫画に登場する人物の生活や作品はまさにリアルな90年代。

とにかく無数の小ネタやサンプリング要素が隠されていて、ヒップホップやストリートカルチャーに興味がある人なら、ページの隅から隅までじっくり読みたくなってしまうような漫画です。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/51a-VmNkpsL.jpg" alt="少年イン・ザ・フッド(1) (SPA!コミックス)">



少年イン・ザ・フッド(1) (SPA!コミックス)


¥1,287 Amazonで見てみる





Image: Shutterstock

あわせて読みたい:

[blogcard url="https://www.roomie.jp/2021/02/693265/"]

[blogcard url="https://www.roomie.jp/2021/02/695721/"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング