キャンドルで温める「缶詰ウォーマー」をドリンクに使ったらおうち時間が最高になったよ|マイ定番スタイル

roomie / 2021年2月10日 22時0分

写真

キャンドルで温める「缶詰ウォーマー」をドリンクに使ったらおうち時間が最高になったよ|マイ定番スタイル

まだまだ寒い日が続きますね。

せっかく淹れたコーヒーもすぐに冷めてしまうのが悩みだったところ、おうち時間のQOLを上げてくれるアイテムを見つけました!

キャンドルの火で温めてくれるウォーマー

[caption id="attachment_696266" align="alignnone" width="600"]

クロスウォーマー 2,750円(Amazonでの価格)[/caption]


「クロスウォーマー(CROSS WARMER)」は、ゆっくりと缶詰を温めるために生まれたウォーマー。

ステンレス製の本体に、アルミカップ入りキャンドルをセットして使用します。

通常、缶詰に直火をあてると、缶の内側のコーディング成分が溶け出す恐れがあります。

クロスウォーマーはキャンドルの火を遠くから缶詰にあてる特許構造。

そのため、安心して温かい缶詰を楽しむことができるのだとか。



裏面には滑り止めのゴムが付いており、安定感も抜群です。

ちょっとやそっとじゃ倒れなさそう!


缶詰をじわりじわりと温めて



早速セットしてみましょう。

組み立てるというよりは、そのままパカッと開いて、キャンドルを嵌めるだけです。



着火ライターでキャンドルに火をつければ準備完了!

2個付属しているキャンドルの燃焼時間はそれぞれ5時間程度。

ゆっくりと晩酌を楽しむとはいえ、缶詰をちまちま食べるために使うなら、5時間もあればじゅうぶんですよね。



クロスウォーマー、当然ですが液のない缶詰には使えないとのこと。

今回は燻製した牡蠣の缶詰を温めてみます。



セットして20~30分ほど放置した頃、いい具合に温まりました!

すぐに食べたいときは湯煎のほうが速いですが、待っている間も楽しめるのが、クロスウォーマーのいいところ。

ゆらゆら揺れる火を眺めているだけで癒されます。日本酒も進んでしまいました。


ドリンクの保温もばっちり



缶詰用として生まれたクロスウォーマー、使用方法は無限大。

すごいのは、耐熱容器に入れた飲み物もしっかり保温してくれること!



仕事中に淹れるコーヒーがすぐに冷めてしまうのが長年の課題だったのですが……。

耐熱容器(今回はボテガグラス)に淹れたコーヒーを、冷めることなくおいしく飲み切ることができました。

ホットウイスキーやホットワインでも楽しめそうです。

(耐熱ではないグラスは使えないので要注意)



アツアツではなく、じんわりとちょうどいい温度を保ってくれるのも、クロスウォーマーのいいところ。

グラス自体は熱くならないので、うっかり火傷する心配もありません。

勿論キャンドルの火にはお気をつけて。

おうちで「ちょっといい時間」を過ごそう



実は防災グッズにもなってくれるクロスウォーマー。

ゆらゆら揺れる火がふと視界に入るだけで、とっても癒されるものです。

もうすこし続くおうち時間、ちょっとだけ、いい時間を過ごしてみませんか。

CROSS WARMER[Amazon]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング