殺人容疑で男逮捕 歌舞伎町の男性射殺事件 保釈中の犯行、確保時に弾入り拳銃所持

産経ニュース / 2019年7月11日 21時45分

 東京・歌舞伎町のカラオケ店で1月に起きた男性射殺事件で、警視庁組織犯罪対策4課は11日、殺人と銃刀法違反容疑で逮捕状を取り、指名手配して行方を追っていた元暴力団組員、阿部勝容疑者(56)=住居不詳、無職=の身柄を確保し、同容疑で逮捕した。調べに対し、「拳銃で心臓を狙って数発撃ち込んだことに間違いない」と容疑を認めている。

 同課によると、阿部容疑者は事件当時、覚せい剤取締法違反罪に問われ保釈中で、事件後に所属暴力団を絶縁された。同課は同日夕、江戸川区内の駐車場に現れた阿部容疑者の身柄を確保。手提げバッグに複数の弾が入った拳銃1丁を所持しており、犯行に使用した可能性があるとみて調べを進める。

 逮捕容疑は1月21日午後6時半ごろ、新宿区歌舞伎町のカラオケ店で韓国籍の李興宗(り・こうぞう)さん(65)=台東区千束=の胸や腕に銃弾数発を発射し、殺害したとしている。捜査関係者によると、2人には女性をめぐるトラブルがあったとの情報があり、同課が動機を調べる。また、身柄確保時には軽自動車を使用しようとしており、逃走を手助けした人物がいるとみている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング