ウクライナ新大統領、20日に就任へ 議会で決定

産経ニュース / 2019年5月16日 18時59分

 【モスクワ=小野田雄一】ウクライナ最高会議(議会)は16日、4月21日に投開票された同国大統領選の決選投票で勝利した人気コメディアン、ゼレンスキー氏(41)の大統領就任式を5月20日に行うことを決めた。任期は5年間。

 ゼレンスキー氏は、政権の腐敗体質や経済低迷への国民の不満を背景に支持を拡大。決選投票では7割超の票を獲得し、現職のポロシェンコ氏に勝利した。

 2014年のロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合後、事実上の戦争状態にある隣国ロシアへの対処やウクライナ東部を実効支配する親露派勢力との紛争の解決策の模索、汚職対策や社会保障の充実などが当面の課題になるとみられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング