台湾・総統選、開票進む 蔡氏優勢

産経ニュース / 2020年1月11日 17時29分

 【台北=田中靖人】台湾の総統選は11日、投票が締め切られ、開票が即日行われた。台湾メディアの開票速報によると、同日午後4時18分(日本時間同5時18分)現在、民主進歩党の蔡英文総統(63)の得票数が20万票を越え、最大野党、中国国民党の韓国瑜高雄市長(62)の約13万5千票を大きくを上回っている。蔡氏が再選される見通しが強まった。

 蔡氏は2016年5月の就任後、軍人・公務員・教員の年金制度改革や労働基本法の改正などの不人気政策を進めた影響で、支持率が低迷。2018年11月の統一地方選で与党、民進党が大敗し、一時は再選が危ぶまれた。

 だが、19年1月に中国の習近平国家主席が「一国二制度」による台湾統一に言及すると、直ちに拒否すると明言。同年夏以降、香港で反中デモが激化して台湾世論に対中警戒感が広まるにつれ支持率が回復し、同年下半期は対抗馬の国民党の韓氏に大差を付け続けた。

 対中政策では、就任当初の中台関係の「現状維持」から、台湾の「主権」を擁護し「中国の介入」に対抗する姿勢に徐々に転換した。米トランプ政権は、F16戦闘機とM1A2戦車の売却決定や潜水艦の自主建造に対する技術支援、政府高官の接触など台湾重視策を取り、事実上の側面支援を行った。

 内政面では、米中貿易戦争の影響回避のため、台湾人企業家の中国からの投資引き上げを支援。アジア初の同性婚容認や所得税減税、子育て家庭への補助金などで若年層の支持を集めた。

 一方、国民党は18年11月の統一地方選で頭角を現した非主流派の韓氏が候補となったが、予備選で生じた党内の亀裂を修復できなかった。韓氏は政治経験と準備の不足から失言が相次いだほか、親中派の印象も払拭できず、中間層への広がりを欠いた。

 11日には立法委員(国会議員に相当)選も行われた。与党・民進党が過半数を維持できるかが注目されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング