米次期政権のアジア統括ポストにキャンベル氏 対中強硬唱える知日派

産経ニュース / 2021年1月14日 8時14分

 【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米次期政権は13日、ホワイトハウスに新設するアジアを含むインド太平洋地域担当の高官ポストに、オバマ前政権で国務次官補(東アジア・太平洋担当)を務めたカート・キャンベル氏を起用することを決めた。キャンベル氏が理事長を務めるコンサルタント会社「アジア・グループ」が明らかにした。

 キャンベル氏は国家安全保障会議(NSC)の「インド太平洋問題調整官」として、政権のインド太平洋政策を統括する。NSCでは従来、アジア上級部長がこの分野の政策を担当してきたが、新たなポストではキャンベル氏の権限が拡大するとみられている。

 キャンベル氏は知日派として知られ、オバマ前政権が進めようとした、米国の外交・安保政策の中心軸をアジアに移す「アジア回帰(ピボット)」戦略の提唱者とされる。

 民主党の中では「対中強硬派」に位置付けられ、次期政権としてはキャンベル氏の起用で日本や韓国などの同盟諸国に対し、中国の脅威を見据えたアジア関与の強化を図る立場を示す狙いがあるとみられる。

 キャンベル氏は今週、外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」の最新号に発表した論文で、米国は「アジアへの真剣な再関与」が必要だと指摘し、中国との「戦略的競争」には超党派の取り組みを目指すべきだと強調していた。

 一方、バイデン次期大統領は13日、開発援助を手掛ける国際開発局(USAID)の長官に、オバマ前政権で国連大使を務めたサマンサ・パワー氏を起用すると発表した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング